« 血と汗と涙の15年 | トップページ | ゴールデンウィークも終わり、ゴロゴロ。 »

2010/05/05

歴史

我が県自慢の3日・4日と、神奈川県庁本庁舎が一般公開されていた。

昭和初期のいわゆる“帝冠様式”建築の雄は、昭和3年建設。
大阪府庁舎に次いで、日本で2番目に古い現役(知事が実際に執務している)庁舎だそうだ。


天井のレリーフ1つとっても趣向が凝らされていて、エレベーターのフォント1つとっても今では見ないフォントがあって、
細部全てにつくり手の手間やこだわりがしかと刻まれていて、それが100年近くに渡って人の身近に存在しているということに、ため息が出る。

玄関ロビーの照明


もちろん楽しみは、歴史的文化的側面だけじゃなく、こういう職員の生活感なんかも見逃せない(↓)。

ある意味客商売天下の県職員も、あいさつはしっかりと。


また、屋上からの眺めもバツグンだった。

知事になった、いや神奈川を掌握した気分だ。
ひかえーい!

大会議場

|

« 血と汗と涙の15年 | トップページ | ゴールデンウィークも終わり、ゴロゴロ。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/48388429

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史:

« 血と汗と涙の15年 | トップページ | ゴールデンウィークも終わり、ゴロゴロ。 »