« 今年も八重桜の季節 | トップページ | 会社不信と自己不信 »

2010/04/26

もはや同じものと言ってはならない

3月にオープンした横須賀線武蔵小杉駅。

例えば我が地元の菊名から東京駅に行く時、今までは一旦横浜か渋谷に出なくてはならなかったが、これからは武蔵小杉で乗り換えればよいというわけだ。
なのでちょっと便利。


しかしこの駅、完成してからというもの、悪いウワサしか耳に入ってこない。

その全てが
「遠い…。」
という話。


と、いうわけで、私も行ってみた。

東横線の改札を出て、階段を上がり、JRの駅へ。
東横線族にとってはこの時点で少し遠い。


南武線ホームにはたくさんの「横須賀線アッチ→」の表示板があり、ここに隣接しているのかなと思って端まで行くと、さらに通路が続いていた…。

…。
……。

遠い!

狭い工事中の通路が延々と続き、散々歩いてたどり着いたホームから見える景色は、今まで見たことのない町。
ここホントに武蔵小杉!?

延々


東京の永田町駅と赤坂見附駅なんて、あれだけ近くて違う名前なのだから、もはやここも違う名称にした方がいいと思う。
「新武蔵小杉駅」とかね。

しかも横須賀線なんて本数の少ない路線。
乗り継ぎの時間が短かかったら、普通の乗り換えのつもりで行ったら、大変だろう。

ここを使う時は、覚悟して行かなければ。

|

« 今年も八重桜の季節 | トップページ | 会社不信と自己不信 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/48228311

この記事へのトラックバック一覧です: もはや同じものと言ってはならない:

« 今年も八重桜の季節 | トップページ | 会社不信と自己不信 »