« もはや同じものと言ってはならない | トップページ | ずっと好きだった »

2010/04/27

会社不信と自己不信

私が働いているところは、“ザ・中小企業”。

朝まで仕事しても残業代なんてもちろんつかないし、いわゆる“リストラ”なんかも、よくある話だ。


と、いうわけで、5,6年も同じ会社にいると、周りの人がドンドン移り変わっていく。

しかしそんな中でも、いなくなる人というのは、伸び悩んでいた人だったり少々人間的に問題あると思われる人だったり、社長の器におさまりきらない大きな人だったり(もちろんいい意味)して、私はイチ社員でありながらも経営者側のその決断の理由も心情も、わかっていたつもりだった。


しかし今日、全くその理由のわからない、不当としか思えない人事が行われて…

一気に持ち上がった会社への不信感や、その際に何もできなかった自分のふがいなさに押しつぶされた。


さらには、「経営者を殴ってやりたい」とか、「今すぐにでも自分も辞めてやろうか」とか言いつつも、結局はそんなことはできない小さな自分。

先が見えない業界だ会社だとか言い訳をしながら、自分ですすんで何かを変えようとしたわけでもなく、全てを人のせいにしながら、ぬるま湯にどっぷりと長湯してしまっている自分。

それにも気付いて、イヤになって…。


色んな感情が溜まりに溜まって…とにかく気力がわかないでいる。

|

« もはや同じものと言ってはならない | トップページ | ずっと好きだった »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/48228360

この記事へのトラックバック一覧です: 会社不信と自己不信:

« もはや同じものと言ってはならない | トップページ | ずっと好きだった »