« おいしいものは最後 | トップページ | 今年も八重桜の季節 »

2010/04/24

もらい笑いともらい泣き

ザ東京マルガン、舞台、
『チャペルより愛を込めて』
を観劇。

20代〜30代女性をターゲットとした恋愛コメディということで、心配していたが、満員のお客さんの中には男性もそれなりに多かった。


「派遣社員の主人公2人が、派遣先のチャペルで様々な事件に巻き込まれ、そして…。」
というお話。


はじめはつたなげと思えた笑いに心配していたが、中盤からは客席も温まり、そしてそれに呼応するように役者さんの演技も盛り上がり…

物語のクライマックスに訪れたのは、それまでの笑いではなく、涙。

「コメディって聞いて来たのに!」
と、いい意味で意表を突かれた。


姉妹を演じていた田中優子村田綾の2人の涙が美しく、その上手なさそい泣きに、思わずウルッとさせられてしまった。


そして最後は大団円のエンディング。


コメディらしく気軽に見れて、笑えて、でも感動もあって…“プラスの感情”がいっぱい詰まった、観た後に晴れ晴れしくなる、気持ちのいい舞台だった。

ザ東京マルガン『チャペルより愛を込めて』

|

« おいしいものは最後 | トップページ | 今年も八重桜の季節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/48199989

この記事へのトラックバック一覧です: もらい笑いともらい泣き:

« おいしいものは最後 | トップページ | 今年も八重桜の季節 »