« さとうがけは王道 | トップページ | 臭オーラ »

2010/03/10

ショック

  鎌倉市の鶴岡八幡宮境内にある大銀杏(イチョウ)が10日、倒壊した。強風の影響とみられる。県天然記念物にも指定されているご神木の倒壊に、同八幡宮も落胆していた。
 同八幡宮によると、同日午前4時40分ごろ、警備員が大きな音に気付き、倒壊を確認した。開門前だったため、けが人はなかった。
 大銀杏は、樹齢1千年余とされ、高さ約30メートル、幹回り約6・8メートル。鎌倉幕府3代将軍・源実朝を暗殺する際、おいの公暁が身を隠した伝承も残る。
 同八幡宮は「大変残念でならない。今後のことは専門家の意見も聞いて決めたい」としている。(10・3・10『カナコロ』

鶴岡八幡宮といえば、鎌倉市だけではなく横浜市、はたまた神奈川県下の生徒が必ず学校行事で訪れるところ。

そして大いちょうの前まで来ると、必ず引率の先生やガイドさんが公暁の話をして、そこで1000年余全てを見てきた御神木の存在に身を震わせる、という子供達が初めて歴史ロマンに触れる対象だ。

歴史的価値や自然的価値だけではなく、教育的価値など、様々な、全てにおいて、ショックが大きい。


今までもこれからも、ずっとそこにあるはずのものだったのに…時代が時代だったら、国中大混乱に陥っていたかもしれない。

そう考えると、すごい貴重な瞬間を目撃したのかもしれない、が。

|

« さとうがけは王道 | トップページ | 臭オーラ »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/47829285

この記事へのトラックバック一覧です: ショック:

« さとうがけは王道 | トップページ | 臭オーラ »