« ♪ずんずん積もる…積もってよ! | トップページ | 早過ぎる引退。 »

2010/02/03

世代交代、なのに…

 角界仰天の“貴理事”誕生だ。日本相撲協会の理事選挙が1日、東京・両国国技館で行われ、元横綱の貴乃花親方(37)=本名花田光司=が初当選した。定員10人に対し11人が立候補して4期8年ぶりに投票となったが、支持派による基礎票(7)から3票上積みした10票を獲得。苦戦の予想を覆し、奇跡の大逆転を成し遂げた。立浪一門の大島親方(元大関旭国)が8票で落選。直後の新理事会で現職の武蔵川親方(元横綱三重ノ海)の再任が満場一致で決まった。(後略)
 (10・2・2『デイリースポーツ』
 1日の理事選挙で1票が貴乃花親方に流れたとされる二所ノ関親方(元関脇・金剛)を支持するグループは3日に会合を開くことになった。
 11票を獲得して当選したが、二所ノ関親方は「私の不徳の致すところ。会合ではみんなに謝罪もする」と残念そうな表情。一部で造反者と報じられた親方から「私は絶対にしていません」と電話が入ったという。「もう次回はこういうことはさせたくない。本当に屈辱的だ」と話した。
 (10・2・3『スポニチアネックス』

薬物問題、八百長問題、暴行問題、朝青龍問題…

親方衆へも強い向かい風が吹く中で、世論を味方に付けられるような、幅広い世代に認知されている新理事に期待が高まるのは当然だ。


今の世間の若い人はおろか横綱さえも知らない、元横綱のおじいちゃん達が、今さら何を言っても…残念ながら効き目はないということだ。

長い間色んなことをなぁなぁにしてきたツケが、今まわってきたのだろう。


それなのに、たった1歩でもようやく歩めた新しい相撲界のはじまりの日に、犯人探しをしているようでは…まだまだ旧態依然、大きな前進をすることはできないと思う。

|

« ♪ずんずん積もる…積もってよ! | トップページ | 早過ぎる引退。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

ほんと、そうですよね。
現状を受け止めて、真摯に対応してほしかったですよね。
辞めた人もいましたね。
なななんで?って思いましたけど、こういうことだったんですね。
貴乃花には、若いパワーで頑張ってほしいです。
相撲界も革命のときなんですよね!

投稿: まんちゃん | 2010/02/04 12:49

まんちゃんさま、きょんばんは!

結局留任されたみたいですが、「相撲界を変えたい!」って投票した人が辞めなきゃイケナイのはおかしいですよね…。
慣例ももちろん大切にしなきゃいけませんが、ここまで相撲界がダメになってしまった今、必要なのは何か…すぐわかりますよね。

横綱も辞めてしまって、もちろん本人が悪いのもありますが、もっと彼をコントロールできていれば…とも思いますし。
とにかく、次場所が心配です。

投稿: かんげ | 2010/02/04 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/47471362

この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代、なのに…:

« ♪ずんずん積もる…積もってよ! | トップページ | 早過ぎる引退。 »