« 趣味の弾圧…かな。 | トップページ | 女は強し »

2009/11/12

KING OF POP

仕事終わりに職場の面々で、
『This is it』
を見に行った。

映画館は満員。


マイケルの存命中は“ドタキャン説”も流れていた、あのロンドン公演。
しかし映画を見ると、完全に“やる気だった”ことがわかった。

リハーサルの映像…本人からしてみればまだまだなのだろうが、素人目では、もうあしたにでも本番を始めてもいいくらいのステージ。

50歳とは思えないスタイルのよさと、ダンス。
“ダメ出し”をしたり、キャンディをなめていたりする、貴重な姿も。


PV以外で動いている、“普段の”マイケルの姿をこんなに長く見たのは初めてで、
「ジャケットの下のTシャツには何て書いてあるんだろう…。」とか、
「手は年相応なのかな…。」とか、
彼の細かなところまで気になってしょうがなかった。


マイケル・ジャクソンは様々なものを次々に取り込んで、それを強烈なオリジナリティに完成させてきた。

ポップスからR&B、ロックまで取り入れた音楽。
ステージでは炎や風を使い、CGがあればすぐにそれを表現の1つとして取り入れた。
そして、普遍的なメッセージ。


そこに絶対的にあるもの、その全ては、“聞く人のため”“見る人のため”。
“ファンのため”。

だから結果、とにかくわかりやすくて、ノリやすい。

まさに“KING OF POP”。

改めてそのスゴさを感じ、スクリーンから大迫力で流れて来る世界的ヒットミュージックの数々に興奮させられた。


この映画、
「マイケルを見に(聴きに)行くか。」
「ドキュメントとして見に行くか。」

で全く見方が異なると思う。

私は両方の気持ちで行ったので…立ったり躍ったりできない映画館という空間をもどかしく感じるのと同時に、隣でしっかり盛り上がりヒューヒュー言ったり手拍子しているお客さんを煩わしくも感じた。

|

« 趣味の弾圧…かな。 | トップページ | 女は強し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、こんにちは。
分かる気がします。。。
実は今度自分のブログに書こうと思っていたんですが、マイケルが亡くなってから突然のマイケル熱・・・になんだかついていけない私です。
なんだかうざく感じるくらい盛り上がってる横で冷めた自分がいます。。。
少し時間がたってゆっくりみたいなって思っています。

投稿: まんちゃん | 2009/11/18 10:39

まんちゃんさま、きょんばんはー。

確かに…生前はあれだけバッシングの多かった人でしたものね…。
言葉は悪いですが“掌返し”のように感じてしまう部分もありますね~。

映画はそういったものから解放されたといいますか、純粋に、アーティストとしてスゴかった!
私もあまり世代ではないのですが…おもしろかったです。
後日でも、ぜひー!

投稿: かんげ | 2009/11/18 23:57

お久しぶりです!
職場の面々・・誰といったのかが気になるわぁw

投稿: MIP | 2009/11/20 11:16

MIPさま、こんばんにゃー。
そしてお久しぶりです!しかも人生の大イベントの直前にっ!がんばってください!!

上司のS-DOさまは、ジャスト“マイケル世代”らしく、ベタボメでしたよ~!

投稿: かんげ | 2009/11/21 00:09

こんにちは^^

マイケルジャクソンは最盛期に特にファンだったという事はないのですが、それでもその存在は強烈でした。
後年は奇妙な言動ばかりが取りざたされるようになっていたけどロンドン公演に際してのインタビューの時にはやはりオーラを感じたし、どのようなファイナルを飾るのかと楽しみにしていました。
彼が亡くなってしまったのは残念ですが貴重なフィルムが残っていた事は良かったと思いますね。

投稿: みみ | 2009/11/21 09:55

みみさま、きょんばんは!

そうですね〜色々ありましたが…あの存在感はスゴイ!
どんな時でも、何にせよ、目が離せないという…“スター”ってことなのでしょうね。

本当に今更ながらですが、それを振り返ることのできるたくさんのものが残っていて、よかったと思います。

投稿: かんげ | 2009/11/25 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/46791380

この記事へのトラックバック一覧です: KING OF POP:

« 趣味の弾圧…かな。 | トップページ | 女は強し »