« 不穏な街 | トップページ | KING OF POP »

2009/11/10

趣味の弾圧…かな。

 厚生労働省は29日、政府税制調査会へ30日に提出する平成22年度の税制改正要望で、社会保障費の財源確保などのため、たばこ税を1本当たり10円引き上げるよう求める方針を決めた。実現すればたばこ1箱(20本)の値段は主力商品で現在の300円から500円に大幅値上げとなる。
 消費量の減少につながる販売店や葉タバコ農家、喫煙者の反発は必至だが、鳩山由紀夫首相は政府税調に対し、健康への悪影響を踏まえ、たばこ税の見直しを検討するよう指示した経緯があり、税制改正で焦点の一つになりそうだ。(後略)
 (09・10・30『産経新聞』

夜外を走っていると、寒空の下、玄関先に立ち尽くしてタバコを吸っている人が目立つ。

公共の場以外でも、愛煙家の肩身は狭くなっているようだ。


私も、タバコは吸わないし、増税も「すればいいんじゃない?」とも思う。


本来ならばこんな安易な増税には異を唱えなければいけないのかもしれない。
これは趣味に対する弾圧かもしれない。

しかし、それでもそう思うのは、“私怨”。

他人のタバコで不快な思いをしたことがあるからだ。

毎朝駅まで歩いている時に、前を歩きタバコしている人がいると、長州ばりの延髄ラリアット食らわしてやろうかコラッ!と常に思っている、私。


たぶん国民のタバコを吸わない大部分の人が、私と同じような体験をして、同じようなことを思っているのだ。

そう考えると、マナーの悪い仲間のせいで迷惑を被っている愛煙家が、かわいそうに思えてくる。

|

« 不穏な街 | トップページ | KING OF POP »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/46791372

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の弾圧…かな。:

« 不穏な街 | トップページ | KING OF POP »