« 戦う女 | トップページ | 王座の行方 »

2009/05/04

新大久保はコリアンタウン

新宿駅から歩いて、歌舞伎町を抜けると、すぐに異国の香り。

通りに並ぶのは、見慣れない文字の看板。
すれ違う人達からは、聞き慣れない言葉。


新大久保はコリアンタウン。

看板にしても色使いとか、言葉にしても勢いとか早さとか、歩いているだけで文化の違いを感じた。


あまり辛いのが得意ではないのだけれども、今夜は韓国料理のお店に入った。

いやぁ…辛かったー。
「辛さレベル2」(5レベル中)くらいの料理を頼んだのに、こんなに辛いとは!

それを周りの人はギュンギュン口に運んでいて…食べても文化の違いを感じた。


私の場合辛いものを食べると、なぜだか頭皮がかゆくなる。

と、いうわけで、ノドを潤すために必要以上にお酒ばかりを飲みながら、ボリボ~リ、ボリボ~リ。

トッポギ

|

« 戦う女 | トップページ | 王座の行方 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。韓国料理、体にもいいし、何と言っても肌にもいい。
韓国の女性があんなに肌がきれいなのは、食べ物のせいでしょうね。
かんげさんもチュルチュルになったのでは??^^/

投稿: まんちゃん | 2009/05/12 09:21

まんちゃんさま、こんばんはー。

料理の栄養分が、というよりも、汗かいて、いっぱい水分とって…それが体にいいのではないかと、そう思えてしまうほどのカルチャーショックでした。
いやぁ…辛かったですー。ヒリヒリ。

お肌、1食くらいじゃ変わらないですかね…。

投稿: かんげ | 2009/05/12 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/44985144

この記事へのトラックバック一覧です: 新大久保はコリアンタウン:

« 戦う女 | トップページ | 王座の行方 »