« 青山のお昼といえば | トップページ | 収穫祭 »

2009/05/23

昭和のヨコハマ。大人のヨコハマ。

昭和建築が次々と弾圧されている横浜の地で、わずかに残る昭和のもの。
元町の丘にそびえるナイトスポット“クリフサイド”は、一度は行ってみたい憧れの場所だ。

「ダンスと言ったら…東京音頭?」
くらいの私には、1946年から続く老舗のダンスホールは手の届かない存在。

しかし今夜はビッグバンド“NAZCA(ナスカ)”によるジャズナイト。
バンド音楽ならば多少は身近かな…と、思い切って出かけてみた。


特徴ある白亜の宮殿。
吹き抜けの広いホール。
館内そこかしこにある調度品や案内版。

噂に違わず、感じる歴史の重みと、レトロなかわいさ・美しさ。
素晴らしかった。

かんせいサイン


そしてもちろん演奏も。
うまくてシブい、オヤジ達の演奏。

井出〈司会と歌の〉理夏お姉さんも、美しかった。

演奏を聞きながら、ご飯食べたりお酒飲んだりしていいなんて、なんてぜいたくなのだろう!

ジャジ~


今夜はまさに大人のヨコハマ。

こういった雰囲気の横浜は、今街の主流からどんどん追いやられている。

この土地を大切にするというのならば、新しいものを追いかけるばかりではなく、歴史の教科書に載っているものばかりを保護するのではなく、このくらいの時代のこのくらいの文化のものも絶やしてはいけないのだと、改めて思った。

まさにクリフサイド

|

« 青山のお昼といえば | トップページ | 収穫祭 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/45363436

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のヨコハマ。大人のヨコハマ。:

« 青山のお昼といえば | トップページ | 収穫祭 »