« すっかりぽっこり | トップページ | 日本語って難しいが、日本人だから。 »

2009/04/21

裁判

 98年7月に和歌山市で起きた毒物カレー事件で、殺人罪などに問われた林真須美被告(47)に、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は21日、上告を棄却する判決を言い渡した。死刑とした1、2審判決が確定する。死刑事件で2審の事実認定を変えない場合、最高裁は通常、量刑理由だけを明らかにする。今回は有罪認定した理由にも踏み込んでおり、異例の判決と言える。
 弁護側は1審から一貫して無罪を主張した。しかし、小法廷は(1)カレーに混入されたものと組成上の特徴が同じ亜ヒ酸が被告宅などから発見された(2)被告の頭髪から高濃度のヒ素が検出されており、付着状況から被告が亜ヒ酸を取り扱っていたと推認できる(3)カレーの鍋に亜ヒ酸をひそかに混入する機会があったのは被告だけで、鍋のふたを開けるなど不審な挙動が目撃されている--などの状況証拠を列挙。「合理的な疑いを差しはさむ余地のない程度に証明されている」と有罪とする根拠を示した。(後略)
 (09・4・21『毎日新聞』

林被告…いや林死刑囚も、自身の弁護のためか、この記事(↓)に興味を抱き熟読していたという。

 栃木県足利市で1990年、女児=当時(4)=を誘拐、殺害したとする殺人罪などで無期懲役が確定した菅家利和受刑者(62)の再審請求の即時抗告審で、東京高裁の嘱託鑑定の結果、女児の着衣に付着した体液と菅家受刑者のDNA型が一致しなかったことが20日、捜査関係者の話で分かった。
 検察、弁護側がそれぞれ推薦した鑑定医の結果が、いずれも「不一致」になったとみられる。正式な結論となれば、確定判決の有力な根拠とされた「DNA鑑定の一致」を覆す形で、再審開始の公算が高まりそうだ。(後略)
 (09・4・20『さきがけonTheWeb』

他にも大学教授への痴漢容疑など、ここのところ冤罪の事件が多かっただけに、慎重論や判決への疑問の声が上がるのもムリはない。


ただ、この“ヒ素カレー事件”に関しては、アレほどの世間の注目を集めた事件。

それだけにこれ以上ないほどの膨大な数と高度な検証・分析がなされ、その結果にのっとった正しい裁きであったと、私は納得している。


しかしこれだけの捜査が、他にも…日本で起こる全ての事件に適用されるかというと、疑問だ。
経済的にも時間的にも、様々な面で現実的にムリだろうということは容易に想像ができる。


事件によって不公平さが生じるのはおかしいという思い、
罪のない人が裁かれてしまうということだけは避けなければという思い、
長引く裁判で傷つき疲弊する関係者に対しての思い、

それらがぶつかって…つくづく裁判というものは複雑で、難しいと思った。

|

« すっかりぽっこり | トップページ | 日本語って難しいが、日本人だから。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

死刑確定したんですね。
時間の経過とともに、事件の信憑性がうすらいできて、だんだん本当に犯人なのか・・・という気持ちすらわいてきました。
だけど、被害に合いなくなった方のことを考えると、、、、、ですね。。
けれども、人っていうのは、ウソをつき続けてるうちにウソじゃなくて真実のように思えてくるっていうところあるじゃないですか。。。自分で暗示にかけちゃうというか。
だから、林被告も、自分の中では無実になってしまったのでしょうか~。
ウソをつきとおすということは、苦しいことです。
それを通す精神力の強さ。。。
話がずれましたね^^;


投稿: まんちゃん | 2009/04/22 10:17

まんちゃんさま、こんばんにゃー。

こうして判決が下された以上、それを真実ととらえるしかないので、そうすると…
確かに大きなウソをつくことって、結構骨の折れることですよね。
追い込まれた末に精神が曲がってしまったのでしょうか。

本当のことを知っているのがたった1人で、その1人がこうした行動をとっている…
何を信じていいのか、どう怒ればいいのか、何がなんだかわかりません。

千里眼を持っている人が、この世に1人だけでも、いたらなぁ。

投稿: かんげ | 2009/04/22 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/44743452

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判:

« すっかりぽっこり | トップページ | 日本語って難しいが、日本人だから。 »