« サクラサク | トップページ | 受勲者の復帰を待つ »

2009/03/24

嬉しくも(ちょっとだけ)悔しいWBC優勝

 【ロサンゼルス村田隆和】日本が再び野球世界一の座に--野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、当地のドジャースタジアムで決勝を行い、原辰徳監督率いる日本が韓国を延長十回、5-3で降し、2006年の第1回大会に続く2連覇を果たした。最優秀選手には今大会3勝の松坂大輔投手(レッドソックス)が選ばれた。
 日本と韓国は今大会5度目の対戦で、ここまでの戦績は2勝2敗の五分。この日の試合はWBC史上最多の5万4846人の観客を集め、1点を争う白熱した好ゲームとなった。(後略)
 (09・3・24『毎日jp』

プレッシャーに押しつぶされ、背中を丸めた選手達を直視できなかった北京オリンピックとうって変わって、厳しい状況下でも全身全霊をかけたベストのプレー、そして胸を張った姿。

そしてそれについてきた、結果!

素晴らしかった。
テレビとラジオの前で、1球1球に震えるほど、緊張・興奮・感動させられた。


やはり日本の野球は世界一だった!
自国の野球に、失いかけていた誇りを甦らせてくれる優勝だった。

これで日本のプロ野球の素晴らしさを多くの人が気付き、ペナントレースも盛り上がればいいなと思う。


国民の期待を一身に背負い、他の選手の盾となり、そんな中でも最後に魅せたイチローは神がかっていた。
今回の活躍で松坂は、確かに“日本のエース”の称号を手にした。

内川、岩隈、国内最高のバッターとピッチャーは、世界にも充分通用することがわかった。
そのセンスで確実に名を世界に轟かせた青木。
切り込み役としてチームを鼓舞し続けた、中島、片岡。


予想以上に圧巻だった、岩村福留城島のメジャートリオ。
マウンドで躍動する田中、小松。
世界を体験し、ダルビッシュはますます伸びることだろう。

不言実行のまさに侍。小笠原・稲葉。
杉内、涌井、馬原の、自身を犠牲にしチームの勝利のためだけに徹した立ち回り。
耐えて耐えて…アメリカ戦で川崎が決めた瞬間は涙が出そうになった。

昨年横浜と北京での落差で、お山の大将っぷり・チキンっぷりを露呈した村田
そんな彼にいつの間にか生まれていた、日本の4番としての自覚とバッティングには目を見張った。


みんな素晴らしい活躍だった!
おめでとう!
そしてありがとう!

遅いお昼はマックにしました


…ただ。
ただね。

阪神ファンにとっては、嬉しいながらもちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、スッキリしない優勝だったのも確か…。

「なぜ球児を出さない!?」
「岩田にもリベンジの機会を与えてあげてよ!」


(〈トラックバック〉●「WBC決勝戦(対韓国)で勝利2連覇!」→09・3・24『∇TALK TO ONESELF∇』
●「祝☆WBC2連覇☆」→09・3・24『∞○♡ちゃらんぽらん♡○∞』
●「3/24 日本vs韓国 そしてV2(^^)2V」→09・3・24『まぁ一服!』

|

« サクラサク | トップページ | 受勲者の復帰を待つ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ
なーんでそんなタイトルなのかなぁーって思ってましたら…………
ですね!
藤川よく投げたのに印象薄いですよねcoldsweats01
今回のジャパーン!頑張りました!
原監督少し見直しましたuphappy01
あとイチローはよく耐えましたね!最後に飾れてよかったdash
シャンパンかけの時本当にうれしそうな笑顔を見てホッとしましたscissors

投稿: まんちゃん | 2009/03/24 23:59

まんちゃんさま、こんばんはー。

確かに球児は調子悪かったですが、結果もなんとか残してましたし。
ダルビッシュも同様に調子悪かったので、準決勝か決勝のどちらかでも、最後は球児の姿が見たかったなぁ…と今更言っています。

まぁしかし、試合中の戦略はあまり変化ありませんでしたが、スタメンやそれこそ“抑え”を臨機応変させた原監督は、結果も出しただけに評価せざるを得ませんね。

ともかく、試合後阪神勢も嬉しそうに胴上げに参加していた(気になってさがしてました)し、最高のプレーと最高の結果で、素晴らしいWBCでしたね!

1つの戦いが終わり、またそれぞれのチームに戻り戦いが始まる…ジャパン勢の今年の活躍が楽しみです!

投稿: かんげ | 2009/03/25 19:37

拙ブログにコメントありがとうございます。

戦前に予想していたんですが、WBCでは制球力重視の技巧派投手の方が有利なんですよね。
メジャーリーガー達は速球にはなれてますから、球児も馬原もそれで割りを食った感じがします。五輪に続いて中途半端な起用をされた球児はちょっと気の毒です。

岩田は・・・後がない試合で投手にリベンジさせて大失敗したのが北京だったからしょうがないかなと・・・。

投稿: さとし@快投乱打 | 2009/03/25 19:59

さとし@快投乱打さま、こんばんは。
いえいえこちらこそ、色々ありがとうございます!

そうなんですよねぇ…こだわりとかリベンジさせるとかで大失敗したのが北京でしたね。
そう考えると原監督はイチローにこだわった以外は臨機応変で、よくやったと思います。

まぁそんなことも言いながらう~ん…ファンとしては…ってしつこいですね。

ボールにジャッジに、日本と世界とでは異なるものばかりなのに、そんな中で優勝を決めたジャパンはやっぱり、すごい!

投稿: かんげ | 2009/03/25 20:19

はじめまして・・・
トラバありがとうございます~~
お題が気になって来てしまいました~~

私も阪神ファン&高知なので球児クン贔屓で・・・もっと出して欲しかったです~~

またゆっくり遊びに来させてもらいます~~

投稿: みん | 2009/03/26 17:40

みんさま、こんばんは!
こちらこそありがとうございます~。

あは。
「球児!球児!」ばかり言っていたら、「水差すな!」って怒られるのではないかと心配していたのですが…同じ方がいてくださって嬉しいです~。

と、いうわけで心配していたのですが…胴上げの時の彼の笑顔を見たら吹っ飛びました!
おめでとう!

投稿: かんげ | 2009/03/27 18:40

代々木の定食屋で話題になりましたね。
ちなみに、isamuさんも阪神ファンです。
球児はストレート主体、他は変化球主体、しょうがないんじゃないかと。
あの松坂でさえメジャーでは技巧派という括りですから。
ストレートだけだと4番のキム・テギュンに狙い打ちされるのがオチです。

17金にリキッドルームもあります。
前のと同じシリーズです。
あと、河合さん、4月からNHK高校講座『情報A』1年間(?)レギュラーです。

投稿: ゆー | 2009/03/28 18:17

ゆーさま、こんばんはー。

いやぁ…普段の球児の鬼のようなストレートばかりが頭にあるので、ボールさえ合えば打たれることなんて100%ナッシング、MVPはいただきなのに!と思ってしまい…悔しい。悔しさばかりがつのるのであります…ブツブツ。

あっという間に3月も終わり新年度!新学期!
色々動き始める時期ですね!楽しみ楽しみ。

投稿: かんげ | 2009/03/29 22:01

こんにちは
水を差すようで申し訳ないんですが(笑
おいらは準決勝の日、甲子園球場で高校野球観戦&USJで遊びまくっとりました。。
翌日の決勝も大阪観光でテレビ観とりませんでした。
いやぁ~素晴らしかったWBCも大阪も♪
ちなみにうちの内川は大活躍したらしいですねぇ。
ずいぶんと自信に満ちた顔で帰ってこられたなぁと感じました。
おめでとうございます。

投稿: ホッシー | 2009/03/30 15:09

てっきり、ベイスターズファンだと思ってましたよ。

ところで、知里ちゃん、最近ブログ更新してませんね。
海外なのかしら?
という事は、DVD撮影?
と、期待と妄想(笑)が膨らんでしまいます。
ライブや撮影会といった毎度同じみな内容のものよりも、
『C調』の様に色々な事が経験出来る仕事だといいですね。

投稿: ゆー | 2009/03/30 16:33

ホッシーさま、こんばんは!
やきう繋がり〜。甲子園もいいですなー!
USJは最後のETでしょうか。
いかやき食べましたかっ。

と、いうわけでテレビご覧になってなかったのですね…内川超活躍してたのにっ!
そこそこ喋れるし、アゴもあって、一気に全国区になって帰ってきましたね。

開幕前はベイの選手は内弁慶なんじゃないのかと思っていましたが…そんなことなかった!
村田も立派に日本の4番の役目を務めていて驚きました。
今年のペナントのベイは、あなどれませんね!
バッターだけですがね!!

投稿: かんげ | 2009/03/31 00:24

ゆーさま、こんばんはっ。

地元ですからね。ベイスターズも…キライじゃないですよ。かっ飛ばせ佐伯。

先日珍しく土曜日の夜に家にいたので、ネットに繋げて…「アレ?」と思いました。
お仕事忙しくなったり、幅が広がったり…そんなステキなことになったのなら私は、親心満載で涙を流してしまいます。
才能ある方だと思うので!もっと多くの人に評価されてもらいたい、されるべきだと切に願っております。
特にここのところ、ボケの芸術性が神がかっています!

投稿: かんげ | 2009/03/31 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/44454415

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しくも(ちょっとだけ)悔しいWBC優勝:

» 3/24 日本vs韓国 そしてV2(^^)2V [まぁ一服!]
こんなに仕事が手につかなかった日はいつ以来のことか。 [続きを読む]

受信: 2009/03/24 21:24

» WBC 日本V2 [yanajunのイラスト・まんが道]
本日、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦で、日本は延長10回の末、5対3で韓国を破り、第1回大会に続く連覇を達成しました。繋がらない打線にはヤキモキさせられましたが、10回のイチロー選手の決勝タイムリーで気分すっきり。大会MVPには、3勝を挙げ日本の連覇に貢献した松坂大輔投手が第1回大会に続き選出されました...... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 22:26

» [09WBC]日本 宿敵韓国を破りWBC2連覇 [ZAWA talk]
日本が宿敵韓国とのしびれるような大接戦を制し、連覇を達成した。 3-2で迎えた9回裏、ダルビッシュが打たれ延長戦へ突入。しかし10回、2死二、三塁からイチローが中前へ鮮やかにはじき返し2者生還。5-3と勝ち越し、韓国を振り切った。 MVPは松坂が2大会連..... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 22:33

» 連覇!!/WBC決勝 [ORANGE SENSATION]
やりましたあぁ〜〜〜! 日本、宿敵韓国を破って WBC連覇!! クローザーに指名されたダルが同点打を許した場面では血の気が引きましたが、延長戦の末の勝利でした。 歓喜の決勝打を放ったのは、日本が生んだ世界野球史上最高の安打製造機、 イチロー・スズキ!! やっぱりこの男が打たないと! イチローは「最後の打席では神が降りて来た」とコメントしています。 連覇目前の9回裏、同点に追い付かれた日本。 これは、今大会ここまで苦しみ続けて来た天才打者のために、ベースボールの神が追... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 02:11

» 侍JAPAN韓国との激闘を制し、WBC2連覇達成! [日刊魔胃蹴]
遂にWBCも決勝戦!連覇に王手をかけたWBC日本代表は、決勝で韓国と今大会5度目の対決。この試合の勝者が野球世界一の座に輝くという頂上決戦、日本にとっては絶対に負けられない戦いです。両チームの先発は、予想通り日本が岩隈久志、韓国はボン・チュングンという組み合わせになりました。2勝2敗のイーブンで迎えた日韓最後の対戦は、延長戦までもつれ込む激闘となりました。 決勝戦のスタメンはこちら。   日本            韓国  1(右)イチロー        (中)イ・ヨンギュ 2(遊)中... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 03:25

» 【WBC】日本、再び頂点へ!! [HAWKS快投乱打!]
 そして私も有頂天(^ワ^; 祝連覇!! 韓国 3-5 日本 [2009年3月24日]  第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝、日本vs.韓国が24日(日本時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われ、日本が延長戦の末、5対3で韓国を破り、第1回大会に続く連覇を達成した。... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 17:22

» 日本、延長戦制して連覇達成! 霊感投手・松坂、2大会連続MVP! [ANQ Ritzberry Fields]
 連覇を懸けて、韓国と今大会5度目の対決を迎える事となった日本。ここまでの両国の対戦成績は2勝2敗だが、韓国の先発はその2敗を刻みつけた奉重根だ。これに対して、連日の二岡呼ばわりに鬱憤の溜まっている鈴木一朗がいきなりセンター前に弾き返して、今大会初めて先....... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 22:56

» 勝ったジョ〜〜〜!!!(歓) [湘南の鷹日記]
やった!! やった!! やりました!! WBC日本代表、見事にV2果たしてくれました!!!!! 試合が終わった後も特集、特集でとうとう夜中になっちゃった[:たらーっ:] [続きを読む]

受信: 2009/03/26 00:48

» 侍ジャパン二連覇達成!! [Sweetパラダイス]
遂にやりました!!侍ジャパンが二大会連続世界一にもう大感動でしたよ〜5度目の対戦になった永遠のライバル・韓国今のところ二勝二敗。今日はどうなるかな〜昨日に続きヒットエンドラン成功小笠原、またやってくれましたよね〜先取点を取ったのは日本。でもあの韓国だか...... [続きを読む]

受信: 2009/03/26 23:04

« サクラサク | トップページ | 受勲者の復帰を待つ »