« 大好き!牛タンタン | トップページ | START OVER(つづき) »

2009/03/01

START OVER

プロレスリングNOAH「The Second Naving.'09」最終戦日本武道館大会へ。

○〈第1試合・小橋建太復帰戦〉小橋×雅央
ヒジ、ヒザ、腎臓、そしてまたヒジ…プロレスの神様はどうしてこう小橋にだけ厳しいのかと思う。
しかしまたしても鉄人は帰って来てくれた!
武道館は早くも大興奮。

紙吹雪


チューンナップは万全。
前以上に大きくなったと思うほどの鍛え上げられた肉体の小橋を前にして、逃げまどう雅央。
もちろん小橋のチョップは見たいのだけれども、やられる雅央の姿だって見たいのだよ!雅央ー!

顔面かきむしりやおりゃーラリアット、アルゼンチンに対して…
チョップ!ハーフネルソン!ラリアット!!
欠場前と変わらぬ重い重いお返し。
お帰り、小橋!

メインイベントにだってなり得る小橋戦を1試合目に持ってきたのは、英断だった。
セミ・メインも盛り上がり、結果素晴らしいバランスの興行になったからだ。

豪腕復活!


○〈第2試合〉石森一平×起田健斗
健介オフィスの対抗戦が殺伐としないのは、健介のところの若手が品行方正過ぎて憎むことができないからなのだろう。

○〈第3試合〉田上丸藤青木×ブキャナンロデリックデイビー
ロデリック・ストロング、デイビー・リチャーズ、すごくいい選手だった。
ROHはホント地味ながらいいレスラーが揃っている。

対する田上の存在感。
リング上でも場外でも、どこにいたって視線を独り占め。

その田上を利用して合体技(のど輪+不知火!)を決め、場内に自身のテーマ曲を流した丸藤も、さすが!


○〈第4試合〉リキ鼓太郎×高山マルビン
頚椎損傷から復帰した後も何となく調子が戻らないリキだったが、高山とのぶつかり合いや、マルビンを圧倒する姿など、だいぶよくなってきた。
新軍団結成で彼がどこまでふっきれるか、その覚悟を期待したい。
まずは潮崎にリベンジだ。

○〈第5試合〉モリシ橋伊藤×ヨネ金丸平柳
同上新軍団結成でヘビー級で今のところ目立っているのは、
裏切られ溜まったフラストレーションを大爆発させるモリシ。
愚直で、ジュニアで後輩の平柳にさえ手玉に取られる橋(いい意味でではないのだが)。
と、相手側ばかり。

ヨネはもっと憎まれなきゃ、ヒールにならなきゃ、と思う。
デカいガイジンレスラーのようにガンガン行くタイプでもないし、反則攻撃を繰り返すわけでもないし、ファイトスタイルが以前と変わらないので説得力不足。
今日組んでいた金丸や平柳から学ぶことのほうが多い気がする。
個人的にはもっと、有無をいわさず関節や蹴りで「バチバチ」と…バックボーンを活かしたスタイルになればいいと思うのだが。

(つづく)

(〈トラックバック〉●「ノア3・1武道館観戦記(1)」→09・3・1『太陽が見てるから』

START OVER!

|

« 大好き!牛タンタン | トップページ | START OVER(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。
小橋の試合が見られる喜びはすごい…感動ものでしたね。

丸藤はさすがです。ROHガイジン勢も良かった!
書かれてる通り、ヨネには不満ありますね…。

投稿: ばーにんぐK | 2009/03/05 00:22

ばーにんぐKさま、きょんばんは!
こちらこそ、TBハらせていただきましてありがとうございました!

今回も小橋に勇気付けられました。
ヒネクレ者の私には、彼のまっすぐな姿勢は眩しくて…。

しかしこのまま「見られただけで幸せ。」な選手にはなってもらいたくないですね。
少しずつ、1歩ずつでもいいですから、トップ戦線に戻ってきてもらいたい。
小橋の存在は、まだ誰も超えることができていないから!

投稿: かんげ | 2009/03/05 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/44227620

この記事へのトラックバック一覧です: START OVER:

« 大好き!牛タンタン | トップページ | START OVER(つづき) »