« グチグチ止めて | トップページ | 幻の温泉郷へ(つづき) »

2009/03/07

幻の温泉郷へ

青春18きっぷを使って、ずっと行きたかったあこがれの温泉郷、群馬県“川原湯温泉”に出かけた。

8時15分横浜発湘南新宿ラインに乗り込み、一路高崎へ。
高崎駅で10時45分発の吾妻線に乗り換える。


「ガタンゴトン」という小気味いい電車の音や揺れ。
言葉そのままの“網棚”や、下からツマミを持ち上げて開ける窓は、最初に乗ったような都心の車両では見られなくなったもの。

それらが吾妻線には当たり前に存在していて、私も当たり前に違和感なく享受していた。
「久しぶりだ。」と友人に言われてはじめて気付いたのだ。
電車の原風景は、まだ体に染み着いている。


ドアは手動!車窓からは田畑や山々、渓谷、青い空。
そして個性的な駅。

寄り道なんかしないで直行しても、目的の川原湯温泉駅到着は12時4分。
しかし全く飽きることがなかった。
長い長い電車の旅も、たまにはいいものだ。


まずは、吾妻線の終着駅、大前へ。

草津口駅を過ぎた頃から残雪が目立ちはじめ…大前駅は銀世界!

雪だ雪だーっ!


今年は地元に雪が積もることがなかったので、プチ興奮した。
周りの数人のマニアにまざって、写真撮影。
お陽さまと、冷たく澄んだ空気と、積もった雪がレフ板代わりになって、美しい写真が撮れた。

(つづく)

憧れの吾妻線

|

« グチグチ止めて | トップページ | 幻の温泉郷へ(つづき) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/44379187

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の温泉郷へ:

« グチグチ止めて | トップページ | 幻の温泉郷へ(つづき) »