« ヨコハマは今年開港150周年 | トップページ | ポテトの謎、解ける。 »

2009/01/12

かもされた

上野国立科学博物館特別展、
「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」
へ。

きんだらけマンガ『もやしもん』がバックアップをしているだけあって、館内はキャラクターがいっぱい。
石川雅之直筆の落書きイラストも、まるでディズニーランドの“隠れミッキー”のように展示の裏や足元…いたるところにあった。

写真撮影も自由だったので、カメラを手にはしゃぎ廻る『もやしもん』ファンが続出。

他にも家族連れ、イチャイチャしながら歩くカップル、じっくり音声ガイドを聴きながら廻る科学好きと、幅広い客層。

そしてそれに“最終日のお昼”も相まって、歩くのさえままならないほどのすごい人だった。

ひとだらけ


内容自体は、すごくマジメで硬派な科学展。
文系の私なんぞには目が回るようなことも。

でも、オリゼー君たちがいるだけでとてもとっつきやすい。

そしてこれだけのお客さんが足を運んでいる事実。
何か新しい展覧会のカタチを見た気がした。


人いきれにやられて早々に会場を後にしてしまったので、お土産のオフィシャルガイドブック(1000円)と、ホームページからダウンロードできるワークシートで復習したいと思う。

ワークシート、これがまたかわいい!

「今回の展示で気になった菌をモデルにしてオリジナルキャラクターを考えよう!」

というコーナーがあったので、何もモデルにせず、想像だけでそれっぽい雰囲気を目指して描いてみた(↓)。

かもせそう?

|

« ヨコハマは今年開港150周年 | トップページ | ポテトの謎、解ける。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「イラスト」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/43730840

この記事へのトラックバック一覧です: かもされた:

« ヨコハマは今年開港150周年 | トップページ | ポテトの謎、解ける。 »