« みなさま、今年もありがとうございました(1日前) | トップページ | 15年目の引退(つづき) »

2008/12/31

15年目の引退

後楽園ホール
NEO女子プロレス「GRAND FINAL 08 ~元気美佐恵引退試合~」へ。

大みそかの後楽園にはじめて出かけたのだけれども…そこはプロレス、場外馬券場、そして年越しジャニーズコンサートのお客さんで、カオス状態だった。
すごかったー。

○<第1試合>渋谷×中川
中川っていつの間にアマンドラに入ってたんだ。
まぁ…色々勉強になるだろう。

○<第2試合>あおい×植松
手の合う2人の明るく楽しい試合。
復帰から2ヶ月、緩やかではあるがあおいも復調。
ジャンピングラリアットのタイミングはイマイチだったが、ジャイアントバックブリーカーなんて古典技でお客さんを沸かせるのはなかなか。

○<第3試合>風香志田藤本×さんかくchu
魅せます!自称アイドルユニットライバルであるマッスルビーナスのステージ衣装をコスチュームにしてきた、ユニット“さんかくchu”。
気合いの入り方が違う!
こう見てみるとアイスリボン勢はビッグイベントの場合は特に、一角を担う貴重な存在だ。

試合はなんと藤本さくらをフォール!
しかしながら歌うならSPEEDの楽曲をという風香と、「今のこの心の叫びを歌にしたい!歌ってそういうものでしょ!?」というさくらにあって、結局負けた3人も一緒にライブを行うことに。
試合後の生歌で苦しそうな志田藤本を後目に、マイクを持たないさんかくchuはニッコニコしながら踊りまくっていて、鬼かと思った。

○<第4試合>田村様栗原×夏樹華名
復帰間もない栗原にはやはり厳しかったか。
終盤足元がおぼつかずたいようちゃん☆ボムを受けられなく、それに苛立った夏樹の顔面蹴りで決着。
素質も人気もあるし、田村様の言う通り「焦らなくてもいい。でものんびりもしてられない。」。
来年の巻き返しを期待したい。

試合後、両チームともタッグ戦線への参戦をアピールした。


○<第5試合・元気美佐恵引退試合>
 元気×勇気

前へ前へ!最後の師弟対決に、明らかに気負い過ぎていた勇気。
何度もエルボーを跳ね返され、プランチャは失敗。
中盤からはスタミナ切れで失速。
見ていられないほどフラフラで、不恰好で…それでも、向かっていく姿勢だけは崩さなかった。

何度も何度も立ち上がり、最初のGドライバーを返した姿には、少しの成長を感じた。
強さや巧さに至ってはまだまだまだまだのレスラーだけれども、今日のこの姿からはプロレスで何より大切な強い思いが伝わってきて、感動させられた。

そして後ろに2試合控えているのを知っていながら、その全てを受け止めた元気も素晴らしかった。

○<第6試合・元気美佐恵引退試合>
 元気×アメコン

アメリカ帰りのスターは、以前と変わらぬ、いやそれ以上のパワー!
場外で元気を引きずり回し、裏拳にボディープレス、そしてエプロンから場外パワーボム・オンザデスク!
元気も反撃を試みるが単発に終わり、ダメージからか最後までコングの巨体を持ち上げることができず。
防戦一方にホールから悲鳴が上がった。

…しかし元気は壊れない!
いやが応にも彼女の受けっぷりが目立ってしまったが、代名詞でもある“頑丈さ”を物語る、すごい試合だった。
3試合目へ。

○<第7試合・元気美佐恵引退試合>
 元気×京子

勇気戦と立場がそのままひっくり返った、こちらも最後の師弟対決。
先の2試合のダメージが大きく、なかなか立ち上がれない元気を待っては、渾身のラリアットを打ち込んでいく京子
そして同様に返す元気

師の教え


ラリアット…ラリアット…2人だけの時間、2人だけの会話。
15年の歴史の詰まった、濃密な試合。
ホール全体からのコールを背負い、何度も倒れては立ち上がった元気だったが、やがて力尽きる。

全身全霊をかけた3試合。
奇しくも、弟子への厳しさと愛情、ライバルと見せたプロレスラーの頑丈さ・すごさ、そして師への感謝と報恩…未来現在過去と全ての時間軸を通して彼女を見られた引退試合になった。
強かった!すごかった!


○<引退セレモニー>
さまざまな団体の現役レスラー勢や、全女時代の仲間、そして師でもあるカブキや小鉄…たくさんの人に囲まれたセレモニー。
マイクでは自分のことではなく、両親への感謝と、女子プロレスの未来を最後まで口にしていた。

最後の紙テープ


今日の試合もそうだが、元気は決して勝率のいいレスラーではなかったと思う。
でも、でかくて強くて優しくて、そして頑丈…まさにプロレスラー、プロレスラーの鏡、という選手だった。
そして常に団体やファン、プロレス界のことを考えている彼女の言葉は、プロレス愛が溢れていて、とても暖かだった。

名レスラーにして人格者。
元気美佐恵という存在がリングからいなくなってしまうのは、本当に惜しい。

(つづく)

15年の花道

|

« みなさま、今年もありがとうございました(1日前) | トップページ | 15年目の引退(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/43630915

この記事へのトラックバック一覧です: 15年目の引退:

« みなさま、今年もありがとうございました(1日前) | トップページ | 15年目の引退(つづき) »