« 王者決定(つづき) | トップページ | まだまだクリスマス »

2008/12/24

リングデビューしました(ウソ)

きのうの話。

アイスリボン“ICE×60王座決定トーナメント”において、新木場・北沢両大会で勝敗予想が行われ、一部的中者にグッズがプレゼント。
そして完全的中者には決勝戦の後、初代王者にリング上でベルトを授与できる権利が与えられたのだ。


聖菜がフォールをとり、感動の中授与式の準備が進められ、さくらがマイクで、
「完全的中者が1人だけいる!」
と発した時点で、もう気を失いそうだった。

…それは私です。


自信を持って予想はしたけれども、正解者多数で抽選になったりとか色々で、まさか自分がとは思ってもいなかった。

その上私は、プロレスラーは、リングに上がれるのは、選ばれた人間だけだと思っているので、そこに自分のような者が足を踏み入れるのは恐れ多くて…。


しかしながら、とにかくこの場の空気を乱してはいけないと足早でリングサイドまで行き、それから先は…あまり覚えていない。

「ロープもマットも、硬いなぁ。」と思ったのと、

「授与式なんだから、ロープ際じゃなくてリングの真ん中に行かなくちゃ!」と、がんばって足を動かしたのと、

緊張で視界が自分の半径3メートルしかなかったのか、リング上から下界を見下ろしてやろうと思ったのに向こうが真っ白で何も見えなかったのと。


いざ1対1で対峙した王者は、プロフィール欄では自分より背が低いはずなのに…でかい!

早くもチャンプのオーラ出とーる!
それとも人間としての美しさや器の大きさが表れていたか。


と、いうわけで、何かもうずっとセカセカ・アセアセしていたような気がして、大切な瞬間をブチ壊すような失礼なことを犯していたのではないかと、今になって心配で心配でしょうがない。


ただ。

「最果ての地」(さくら談)といえども、アイスリボンという1つのプロレス団体の歴史、そして聖菜というレスラーの歴史に、ほんの少しだけでも協力できていたのなら、それはすごく光栄で、誇りで、嬉しいことだ。

|

« 王者決定(つづき) | トップページ | まだまだクリスマス »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おめでとう。

 今年も終わろうかと云うこの時期に…来たな。

投稿: STR | 2008/12/25 23:20

STRさま、きょんにちは。

年末にビッグウェーブが来てしまいました。
誇らしいやら申し訳ないやら、嬉しいやら「リボンマニア達は何をやってるんだ!」と憤慨するやら…あぁもうヤバかったー。
最後はリングから逃げるように去って行ったような気がします…情けない。

レスラーのマネして、トップロープとセカンドロープの間跨ごうとして、脚足りなくならなくてよかったー。

でもホント、いい思い出になりました。
ヤバかったー。

投稿: かんげ | 2008/12/26 11:47

盛り上げてくださってありがとうございました!
本当に正解者がいなかったらかなり寂しかったと思います。23日ご来場してくださっているかすごく不安だったので、当日の新しい予想表にお名前を拝見したときはほっとしました。

ありがとうございます。
新しいベルトの行方をこれからも一緒に追ってください(^^)

投稿: さくらえみ | 2008/12/27 01:51

さくらさま、こんばんは!

大変身に余る光栄でありました。
少しでもお力になれていれば、嬉しいです。

様々な感情渦巻き、それがリングで火花散る…「アイスリボンの未来は明るい!」そう思えたトーナメントでした。
もちろん、これからも楽しみしております!応援させていただきます!

投稿: かんげ | 2008/12/28 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/43529080

この記事へのトラックバック一覧です: リングデビューしました(ウソ):

« 王者決定(つづき) | トップページ | まだまだクリスマス »