« やっぱ来てるよ!マラソンブーム | トップページ | そこに愛はあるのか(つづき) »

2008/09/27

そこに愛はあるのか

久々にアイスリボン
新木場1stRING大会に行った。

純粋にプロレスラーを目指して入団した者、アクション体操教室の延長でデビューした者、アイドル・俳優として一旗挙げようとしてきた者…様々な思惑が交錯し、今やこのマットはカオス状態になっている。

“新しいプロレス像”や“対社会”といった面で見れば、さくらえみの功績はとても大きいけれども、プロレスのプの字も知らない女性をあっさりとデビューさせてしまおうというのは旧来のプロレスファンから見ると斬新過ぎて、時として疑問を抱かざるを得ないのが正直なところだ。
もちろん、さくら本人もそういう批判も重々承知の上での行動なのだけれども。

前回の新木場大会で、撮影中のプロレス映画『スリーカウント』テレビ埼玉『マッスルビーナス』絡みの新人が大量デビューしたようなので、今回はそこら辺が何たるかを、考えに行ったのだ。

○〈試合前〉
入り口であくせくしながらもぎりをしていた、小さな小さな女の子。
一目でさくらの家に居候生活しているという「ちぃ」だとわかった。

入場時、連れの分とチケットを2枚重ねて手渡すと、
「あのっ、チ、チケットっ…切ってください!」
と1枚隣の人に渡していた。
2枚まとめてもぎれないんかい!

真琴といい、さくらはこういう雰囲気の新人候補を発掘する手腕がすごいと思う。

○〈第1試合〉安藤×古賀
前回の新木場で、“引退試合直後に即引退撤回”という大技を繰り出した本職グラビアアイドル安藤あいか
でも、そのおかげでようやく、今まで見られなかった(伝わらなかった)彼女のプロレスへの思いが感じられたように思う。

「プロレスへの愛はあるのか!?」
と斜に構えていたプロレスファンをようやく正しく向き直させ、そして、少しの成長と、少しの感動を覚える初勝利であった。

対するデビュー間もない古賀は、この興行で幾度か聞かれた「へなちょこ。」が、キャラになればおもしろいかも。

○〈第2試合〉市来×赤城
赤城のたたずまいはプロレスラーらしさに溢れている。
キャリア数十倍?数百倍?の市来にも臆せず挑み、時には新人らしからぬテクニカルな攻めも見せ、将来性を感じた。

○〈第3試合〉雁之助×高梨
プロレス見に行ったのなら、美しいスープレックスが見たい。
錆びることのない雁之助のフィッシャーマン、ノーザン。
まだまだ引退は早いと思った。

DDTは見ないので、高梨はキャリア的にはどのくらいの選手なのだろう。
「ファイアーサンダーを出させた。」これが褒め言葉になるレスラーなのだろうか。


○〈第4試合〉松本都×志田藤本
志田は引き締まったいい表情をしている。
背もあるし、非常に見栄えがする。
藤本もちょこまかと試合をかき回すいい動きを見せていた。
マッスルビーナスの中では確かに有望な2人だ。
松本に試合中、「チクショー!」とつぶやかせただけでも大したものだ。

○〈休憩前〉第2回ドロップキック選手権
この選手権、ドロップキックはもちろんだけれども、その前に必ず握らなくてはいけないマイク。
これがポイントだと思う。
その場の空気を呼んで、短過ぎず長過ぎず、会場にわかりやすい発声で、自分の言葉をしかと伝える。
どんなに一流レスラーでも、マイクがヘタなのはたくさんいるからね…。
非常に勉強になる選手権だと思う。

(つづく)

|

« やっぱ来てるよ!マラソンブーム | トップページ | そこに愛はあるのか(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/42671696

この記事へのトラックバック一覧です: そこに愛はあるのか:

« やっぱ来てるよ!マラソンブーム | トップページ | そこに愛はあるのか(つづき) »