« うすうす気付いてはいたのですが、驚いたことにもう8月なんです。 | トップページ | 夏休み!?夏休み!? »

2008/08/06

変わらぬ世界

 被爆地・広島は6日、63回目の原爆の日を迎えた。北京五輪という「平和の祭典」の開幕が2日後に迫る中、核軍縮を巡る国際情勢は依然として厳しい。国内では、原爆症認定についての国の姿勢が問われている。いつ発症するか分からない後障害と原爆体験による心の傷に加え、周囲の無理解と無関心は被爆者を一層苦しめてきた。広島市の秋葉忠利市長は平和宣言で、8月6日を「『こんな思いを他の誰にもさせない』ための決意を新たにする日」と位置づけた。
 同市中区の平和記念公園で午前8時から行われた平和記念式典には、過去最多となる55カ国の駐日大使らが参列。核保有国では中国が初参加した。
 全国の被爆者の平均年齢は今年初めて75歳を超えた。平和宣言は、「被爆者の心身を今なお苛(さいな)む原爆の影響は永年にわたり過小評価され」てきたと指摘。原爆体験の精神的影響などについて、広島市が2年をかけて科学的調査することを表明した。数々の悲劇と苦悩を踏まえ、「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」と訴えた。(後略)(08・8・6『毎日jp』

ついこの間「戦後50年」と言っていたと思ったのに、気付けばもう60年を過ぎていた。

毎年必ずといっていいほど晴れわたる8月6日の空に響くのは、毎年変わらない広島市長の言葉。
いや、広島長崎・被爆者の言葉。


しかし毎年毎年、あれだけの人々の声があって、しかもそれは“経験”というあれだけの説得力のあるものなのに…

あれから何年過ぎても世界は何も変わることがなく、そんなこの世に少々絶望を覚える。


忘れてはいけないもの・忘れるべきもの、
“戦争の記憶”。

しかしそれ以前の問題、
“それに耳を傾けること”
から必要なのだ。

声よ、届け

|

« うすうす気付いてはいたのですが、驚いたことにもう8月なんです。 | トップページ | 夏休み!?夏休み!? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/42088769

この記事へのトラックバック一覧です: 変わらぬ世界:

« うすうす気付いてはいたのですが、驚いたことにもう8月なんです。 | トップページ | 夏休み!?夏休み!? »