« 珠玉の言葉 | トップページ | そんなに毎日寒かったか »

2008/08/13

男が考える許せない男(超個人的見地)

男が女を、女が男を、
評するから、そこに軋轢が生じるのだ。

何か評されれば、そんなこと言える立場なのか!と憤りを覚えるし、
何か評そうと思うと、モテない男子である自分なんかがおこがましいと畏縮する。

人間性以外に性要素も含む男女というものは、やはりそうは相容れない関係なのだ。


でも、同性相手ならそんな遠慮からは開放されるYoNe~。
と、いうわけで、何の脈絡なくお送りする、男子である私による超個人的・“許せない男像”10選(↓)。

----------------------------
○歩きタバコをする男
歩きタバコをしている人は極刑に処されてもいいと思っている。
他にもカサを振り回しながら歩く人とか、不特定多数の他人への気遣いができない男は困る。

○はき出すものが多い男
「エヘン!エヘン!」とか「カーッ…ぺッ!」だとか「ゲフゥ…。」だとか、口から出すものが多い人は許しがたい。
特に職場で、「ハァー…。」「フゥー…。」とため息をたくさん出す人。
それが多い人ほど大して仕事をしていない、という反比例現象は確かに存在するため、イライラしてしまう。

○何のこだわりもない男
時として“自分が全くない人”に出会うことがある。
何においても自分のコレ!というものが無い男。
柔軟性があるとか、真っ白な人とか言えば聞こえはいいのかもしれないが、全くクセの無い人間は、その分魅力も無いと思う。

○モノを大切にしない男
私は、貸した本に折り目をつけられて返されただけでひどく落ち込むタイプなので、この価値観が真逆の人とは合わない。

○歩く速度の遅い男
若い子ならともかく、大学生とかサラリーマンがタラタラ歩いているのはみっともない。
派手目の男子高校生みたく、靴をズーッコズーッコと引きずりながら歩く男も同様。


○自信満々の男
自信と自己不信の共存こそが、その人の人間性を成熟させると思っているため。
いかなる時でも自信満々の男は自己を肯定するばかりで省みることがなく、たいてい中身が追いついていないため、その姿が滑稽で哀しくなる。

○「お前」と言う男
上記に類似するか。
自分がそう呼ばれても、誰かをそう呼んでいても、この言葉を使っている人とは絶対に仲良くなれない。

○「男臭ぇ」と言う男
お前も男だ。
…あっ、「お前」って使っちゃった。

○当たり前の顔で食事を残せる男
これも価値観の違いなのかなぁ。

○何でも否定から入る男
斜に構え“何でも疑ってかかる”やっかいな性格。
残念ながら、私がこういう男だから。
きっと自分がもう1人いたら、仲良くはなれないだろう…。
----------------------------


しかし男女間でこういう批評が起こったり、それが雑誌のコーナーとかで扱われるのは、
「よくなってもらいたい。」
「よく見られたい。」
というお互いのニーズがあるという証明。

なんだかんだ文句を言いながらも、それでも互いを求め合う、男女って不思議。


つまり、逆に言えば、上記の10選は何のニーズも無い・何の役にも立たない、全くもってどうでもいい駄文ということだ。

ニイハオ

|

« 珠玉の言葉 | トップページ | そんなに毎日寒かったか »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 結構、該当する項目があるような…以後、気を付けます。

 nosmoking

 fujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifujifuji

投稿: STR | 2008/08/15 00:36

STRさま、こんばんにゃー。
今日も暑いです。

えっ…そんなに該当してますか?
あんまりそういったイメージは無いのですが。
そんなに吐き出すもの多かったでしたけ?

まぁ男が注文つける男像なんて、どうでもいいんですけどもNe!

投稿: かんげ | 2008/08/15 12:29

こんにちは。
おいらも該当多数。
気をつけます。
特に・・・「おまえ」
「おまえなぁ~~」ってよく言うかもしれません。
多分に憧れだった松山千春の影響もあるかと思われます。
それと、お蝶さんが清水の次郎長親分を「おまえさん」って言ってたのがわりと気にいってたからかもしれません。

投稿: ホッシー | 2008/08/16 12:38

ホッシーさま、こんばんは~。

あぁ~「おまえ」はですね…何かダメなんですよね…。何ででしょ。
でも「~さん」って言葉は優しくって、“ガイジン”なんてある意味差別的な言葉も「ガイジンさん」になると日本独特の親近感ある言葉になるように、「お前さん」はなぜか大丈夫なんですよね。何ででしょ。

やっぱり使う人の気持ちや使い方次第、ってことなんでしょうかね。

「お前、細かいな!」と言われたら返す言葉もありませんが…。

投稿: かんげ | 2008/08/18 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/42154604

この記事へのトラックバック一覧です: 男が考える許せない男(超個人的見地):

« 珠玉の言葉 | トップページ | そんなに毎日寒かったか »