« 今年こそは境港に逝きたい。 | トップページ | ずっとそこにいた人が、いなくなるということ。(つづき) »

2008/07/13

ずっとそこにいた人が、いなくなるということ。

と、いうわけで、NEO女子プロレス後楽園ホール
「ミッドサマー・タッグトーナメント」へ。

参加メンバーを見ると、もはや女子プロレスのオールスター状態。
その上魅力的なタッグチームも多く、これは行かねばと思ったのだ。

○〈第1試合・だいのぞみデビュー戦〉
 だい×植松

場所は後楽園ホール
相手は植松寿絵
リング下には様々な団体の、たくさんの選手達。
なんと恵まれたデビュー戦なのだろう!

体は小さいが、精悍な顔つきのとても男前な選手で、今後感情が表情に乗ってくるようになればファンもたくさん増えそうだ。

○〈第2試合・トーナメント1回戦〉
 元気勇気×松尾風香

風香初見。
レスラーらしからぬ必要以上のスタイルのよさに驚いた。
そりゃ、熱狂的ファンもつくかぁ。
そりゃ痴漢にも襲われるかぁ…そして後日自力で捕まえるかぁ。
若手組から頭1つ抜け出した感を受けていたけれども、蹴りなどまだまだといったカンジだった。

勇気は独特の間は変わっていなかったけれども、ずいぶんと当たりが強くなった。
彼女の金星は、このトーナメントの期待値をさらに引き上げた。

○〈第3試合・トーナメント1回戦〉
 三田真琴×アマンドラー!

アマンドラは真琴の牙城を崩せなかった。
全て真琴の試合だった。

オドオドのリングイン、ペッチペチのエルボー、そして連係を失敗しオタオタしながら何度もロープと三田の間を行き来して、はじめは笑われていた彼女。
しかし秒殺を宣言されながらなかなか3カウントを許さない姿や、コーナーからのプランチャ、そして試合終盤には三田へタッチを自ら求める姿…試合中に成長するかのような姿が、お客さんをひき込むのだ。
私の後ろの席で木村に声援を送っていた女性が、最後は、
「真琴ー!返せーっ!」
と叫んでいたのが印象的だった。

前の試合での勇気の例があったため、この試合でも“まさか”への期待値は高かったのだが…でも、とにかく盛り上がっていた!


○〈第4試合・トーナメント1回戦〉
 NEOマシンガンズ×パッションレッド

友情パワー!マシンガンズのこの安定感・安心感は素晴らしい。
テーマ曲が鳴っただけでホッとするくらい。
そしてあの体で変則のトラースキックやムーンサルトを使いこなす宮崎は、もっと評価されるべきだと思う。

○〈第5試合・トーナメント1回戦〉
 京子松本×タムラ様中島

ベビーフェイスチーム同士の対決。
2年程度のキャリアの選手がこれだけ期待されるカードに名前を連ねるなんて、やはり女子プロレスは今とてもいい時期にあるのではないかと思う。

体の小さな中島が掴まる展開がやはり多かったが、噂通りの負けん気の強さでなかなか見事!
松本は真っ直ぐでのんびりしている雰囲気ながらしっかり試合の流れを掴んでいて、大物の片鱗を感じる。
井上京子を持ち上げる(そして相手にブン投げる!)若手って…。

こちらはピーポーズチャンプ


○〈第6試合〉華名×大畠
華名は熱い!
大畠は吉田仕込みの緻密なレスリングといった雰囲気がいい。
あっ後、大畠は、声がかわいらしい。

(つづく)

|

« 今年こそは境港に逝きたい。 | トップページ | ずっとそこにいた人が、いなくなるということ。(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41833451

この記事へのトラックバック一覧です: ずっとそこにいた人が、いなくなるということ。:

« 今年こそは境港に逝きたい。 | トップページ | ずっとそこにいた人が、いなくなるということ。(つづき) »