« まいちがいさがし | トップページ | 今日だって通過点 »

2008/07/18

その生きざまか、注意喚起か。

ラーメンという食べ物をあまり好きではない人は、
「おいしくない!」
とか味のことで否定するならまだしも、

「塩分とり過ぎ!油とり過ぎ!」
「ラーメンばかり食べてるから高血圧になるのだ!」
など、味以外のことにまで言及してくる。


私はラーメンが人並みに好きだけれども、ウチの姉さんは嫌い。
しかも最近私は高血圧ぎみ。

だから案の定、こういう会話になる。


その度に、
「ラーメンって、そんなにカラダによくない食べ物なのかしら…。」
と疑問に思っていたのだ。

と、いうわけで、教えて!ラーメン王!(↓)

 日本ラーメン協会副理事長で、“ラーメン王”として知られた武内伸(たけうち・しん)さんが13日午前11時33分、肝硬変のため、入院先の神奈川県相模原市内の病院で死去した。48歳だった。「ラーメンは鶏ガラ、豚ガラ、(店主の)人柄の3ガラ」。こんな名文句を残した武内さんは、その生涯を全てラーメンに捧げていた。
 「私はラーメンを語り、ラーメンを広めることで収入を得て、ラーメンに食べさせてもらっている。ラーメン様には足を向けて眠れない」。ラーメンをこよなく愛した武内さんの口癖だった。
 関係者によると、武内さんは2年ほど前から肝機能障害を発症し、入退院を繰り返していた。今春には体調が回復し、「仕事に戻ってこれると期待していた」(大崎裕史・同協会理事)矢先に病状が急転、帰らぬ人となった。
 肝臓の病は持病だった。約10年前、肝臓を患った際、医者から「どんな食生活をしているのか」と聞かれ、武内さんは「3食ラーメンです」と答えた。医者が「それじゃ、ダメだ」と諭すと、武内さんが「実は、私はラーメン評論家でして…」と打ち明け、医者を呆れさせたという。それでも、武内さんはラーメンを食べ続け、当時4000食をクリアしていた。(後略)(08・7・15『夕刊フジ』


あぁ…。
もちろん限度というものがあるのもわかってはいるけれども、やっぱりラーメンって、カラダに悪い食べ物だったのか…。


ラーメン王が最後に身をもって教えてくれたことは、何だったのだろうか。

|

« まいちがいさがし | トップページ | 今日だって通過点 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41897432

この記事へのトラックバック一覧です: その生きざまか、注意喚起か。:

« まいちがいさがし | トップページ | 今日だって通過点 »