« その生きざまか、注意喚起か。 | トップページ | 山deビール »

2008/07/19

今日だって通過点

アイドルユニット“Fu-Fu”が、路上を飛び出してついにライブハウス進出。

新宿RUIDO K4
「ガールズボイスβ vol.10」
へ。


あの独特の地下空間…ライブハウスなんて久しぶり。

しかも今日は初めて、ヲタ芸を打っている人達に囲まれてさらに独特の空気にさらされ…いやぁ驚き、おもしろかった。
テレビとかで見たことはあったけれど、本当にああいう空間ってあるんだ、と思った。


それにしても、1つの目標を共有し、努力している、“チーム”ってステキ。

Fu-Fuの場合は、たかが同じ事務所の子達という集まりだけだったのに、それが志を共有するや…
路上でライブを行い、結束を強め、ギャラリーを増やして…
そしてライブハウスで、お金をとってライブをするように。


しかも今日は、初参加なのにトリ!
時間の都合もあったのかもしれないが、登場するや否やMCもせず立て続けに3曲を歌い、客席をドカンと盛り上げて颯爽と去ってゆく姿は、堂々たるものでカッコよかった。

なぜかドキドキハラハラしていた自分が損したと思うくらい。

いやぁ、瞬く間の成長だ!


好きなスポーツのチームや選手の試合を観戦するとか、
作家の次回作を心待ちにするとか、
友人を励ましてみるとか、
教師が生徒の面倒を見るとか、
親が子供を見守るとか、

誰かが誰かを“応援する”って、点じゃなくて線…その人の未来をも含めた“歴史”を応援するのだなと思う。

他人の人生の一部に寄り添って、そこに一喜一憂させてもらうということ。


しかし特に芸能関係のファンにあるけれども、
「自分はあの子をデビュー前から見てきた。」
「自分はあの人をずっと応援してきた。」
といった、そのスパンだけを引き合いに出して、ファン内で優劣をつけ悦に入ることが多い。

確かにね。
長くずっとそこにいた方が、それなりのものをもらい続けている証明ではあるのだけれども…

でも特にFu-Fuは、まだまだのびしろがあって、これからもどんどん成長するユニット。
その歴史はこれからの人達。

だから、どこから見はじめたって、この先もきっと素晴らしい経験をさせてくれるはず!


と、いうわけで、今からでも全然遅くない。

もっとたくさんの人が、彼女達の“歴史”を見てみたいと思うようになればいいなぁ!

まだまだこれからだZeee

|

« その生きざまか、注意喚起か。 | トップページ | 山deビール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41907806

この記事へのトラックバック一覧です: 今日だって通過点:

« その生きざまか、注意喚起か。 | トップページ | 山deビール »