« くせ毛の人の75%はそれをコンプレックスにしています(予想) | トップページ | 待つ木 »

2008/06/02

まだまだやれた。

 理想科学工業は30日、家庭で気軽に年賀状などがつくれる家庭用簡易印刷機「プリントゴッコ」本体の販売を6月30日で終了すると発表した。パソコンやプリンターが急速に普及し販売が大きく落ち込んだ。
 プリントゴッコは1977年に発売。年賀状やTシャツなどに印刷ができるヒット商品となり、最盛期の93年には152億円の売り上げがあったという。
 販売を終えるのは「プリントゴッコPG−5ベーシックセット」と「プリントゴッコPG−11本体」のほか、インクと原版のセット。ランプなど関連品の個別販売は当面続ける。(08・5・30『nikkansports.com』

毎年末しこしこと年賀状つくりに勤しんでいる私にとって、“プリントゴッコ”はよきパートナーだった。

ランプを「パシィ!」と発行させて。
マスキングテープ貼りながらインクのせて。
多色刷りにチャレンジしたり。
そうして乾くまで半日…でき上がりに一喜一憂していたものだ。


しかしそれも例に洩れず、パソコンとプリンタを買うまでの話だったのだけれども。


しかしよくよく考えてみると“プリントゴッコ”でできることは、「ごっこ」ではなく、れっきとした「プリント」。
今まで専門の印刷所でしかできなかった、Tシャツ・看板・ガラス製品他様々な対象へ印刷ができる、いわゆる“シルクスクリーン印刷”が、誰でもお手軽にできてしまうという素晴らしい商品なのだ。

プリンタで出力するのとは全く異なるもの。
年賀状だけをつくっているのではもったいないもの。

今こそ見直されるべき商品だと思っていたのに。


パソコンが普及しはじめた時に、このような状況になることは予想できたわけで…もっとどうにかできなかったのかと思う。

それなりに生活していると、素材と実力は素晴らしいのに、プロモーション不足やその間違えで廃れてしまった商品を多く見る。
それはもったいなく、哀しいものだ。

(〈トラックバック〉●「プリントゴッコが販売終了」→08・6・2『勝手気ままに…適当に…(livedoor Blogでいこう)』
●「プリントゴッコ」→08・6・2『山本 州のイラストレーション』

|

« くせ毛の人の75%はそれをコンプレックスにしています(予想) | トップページ | 待つ木 »

「ニュース」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41404486

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだやれた。:

« くせ毛の人の75%はそれをコンプレックスにしています(予想) | トップページ | 待つ木 »