« ハワイにブルーハワイはあるの? | トップページ | あやまらなくていい!(つづき) »

2008/06/14

あやまらなくていい!

プロレス観戦未経験の友人2人と、プロレスリングNOAH横浜文化体育館大会へ(席は1階の後方)。

「プロレス初めてのお客さんは、まずNOAHへ。」
これが私の中での定説。

しかし横浜の人はあまりノリがよくないというか…今まで横浜の興業で盛り上がった経験がなかった(WWE上陸とか大仁田×長州電流爆破とか、歴史的興業は除く)ので、少々心配ではあった。

○〈第1試合〉泉田太二×起田健斗
これだけキャリアの差があると、泉田の強さは際立つ。
太二は顔がいいし、動きもいいし、一見さんにはとても印象が強い。
ドロップキック1つで「おおっ!」と言う友人に感動。
見たかったなぁ、スーパースターエルボー。

まだ暖まる前の静かな会場に、後ろから、
「行けーっ!健斗!」
「がんばれーっ!高志!」
の大きな声。
誰もがすぐわかる、北斗の声。

○〈第2試合〉カシラアニキ雅央×多聞菊地百田
雅央の人気に嫉妬。
ベテランによる、恐ろしいほどに安定感のある試合。
コミカルなムーブもあり、友人達も満足だったようだ。

しかし、そろそろ多聞と小橋のタッグが見たい。
小橋退院後のスパーリングのいきさつなど、より2人の結束が強まった、今こそ!

○〈第3試合〉田上ヨネ×彰俊宮本
宮本の査定試合といった感があったけれども、客席には彼の大応援団が来ていて、そんな雰囲気を吹き飛ばした。
精悍な顔つき(馳っぽくて好き)体つきで、一度挫折を味わった分、厳しいところで揉まれればもっともっと雰囲気のあるいいレスラーになるだろう。

○〈第4試合〉三沢一平×丸藤鼓太郎
一平の試合。
もう少し三沢と丸藤のいいところを見たかった。

○〈第5試合〉小川×青木
本当にプロレスの教科書を開いているような、技術の高い攻防。
しかし、どんな教科書でもそれを開いている時は、得てして退屈なものだ。
あまりに2人のスタイルが似ていたために、お客さんに伝わりにくかったのも確か。
これが例えば、小川×一平だったり青木×森嶋だったりしたら、盛り上がるのだろうな。

(つづく)

次の試合は高山登場です

|

« ハワイにブルーハワイはあるの? | トップページ | あやまらなくていい!(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41551494

この記事へのトラックバック一覧です: あやまらなくていい!:

« ハワイにブルーハワイはあるの? | トップページ | あやまらなくていい!(つづき) »