« 映える、東京→夢の下町バス | トップページ | 消えないシャボンは反和風 »

2008/05/18

大人だってわくわくチョコ

「ペロティ」とか「ペロタン」とか「ペロペロチョコ」とか、“棒つきチョコ”ってお値段が高め。
量と合っていないというか。

だから子供の頃は買ったことがなく、憧れだった。
コレを躊躇なくレジに持って行けてしまう今の自分を、つくづく「大人だな」と思う。


このお値段は、表面のイラストの料金がずいぶんと加算されているのかなぁ。

“わくわく料”かな。


確かにイラストがあるのと無いのとでは偉い違いで…あればそれに一喜一憂。

大の大人がお店で、
「飛雄馬」か「ラムちゃん」か
でさんざん迷ったくらいだから。

「ダーリン(はぁと)」って書いてあったから…。

結局星君か!(インパクト重視)

|

« 映える、東京→夢の下町バス | トップページ | 消えないシャボンは反和風 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41255524

この記事へのトラックバック一覧です: 大人だってわくわくチョコ:

« 映える、東京→夢の下町バス | トップページ | 消えないシャボンは反和風 »