« つなぐ野球、守る野球 | トップページ | 憧れをチェック »

2008/05/13

がんばり続けるベテランも美しい

 昨年10月に胃がん手術(半摘出)を受けた“組長”ことプロレスラーの藤原喜明(59)=藤原ファミリー代表取締役=が12日、東京・後楽園ホールで開催された「昭和プロレス」旗揚げ戦でリング復帰した。関節技限定エキシビションマッチでアレクサンダー大塚(36)と対戦し、3度のギブアップを奪った。医師から「5年生存率48%」と宣告された男は「ふとんの上で死にたくない」と現役を続行する決意を語った。
 かつて“問答無用の仕事師”“昭和のテロリスト”と呼ばれた藤原組長が、さらなる殺気を増してリングに帰ってきた。突然のがん宣告は昨年9月13日。10月3日に首都圏の病院に入院し、同5日に胃の半分を摘出した。成功はしたが「5年生存確率48%」と告げられた。
 がんを克服したプロレスラーといえば、2006年7月に腎臓がん手術を受け、07年12月にリング復帰したノアの小橋建太(41)が有名だ。小橋の復帰戦は多くのメディアで取り上げられたが、還暦目前の藤原組長の復帰は、主催者側が1度はストップをかけるなど難航。上半身裸ではなく、苦肉の策でジャージーを着用しての、関節技マッチとなった。(後略)(08・5・13『スポーツ報知』

60歳を間近にした組長へのがんの診断は、小橋の時とはやはり意味合いが異なる。
どうしても人生の、その先のことが、強烈に想像させられてしまうから。

しかしそれを耐えながらのリング復帰。
なんという精神の強さだろう…。
やはり関節技の鬼だ。
ギブアップは決してしない!

栄光や喜びだけじゃなく、挫折や苦悩、様々なことがリング上にはあって。
だからこそファンはそれを共有し心を揺さぶられ、ついてゆく…まさにプロレスは人生であることの体現だ。


先日、「がんばっている若者は美しい。」と書いたけれども、
“がんばり続けるベテランの姿”も、それはそれは美しい。

特にスポーツ選手など有名人の場合は、そこにその人の人生の重みがある上、それを共有してきたファンの思い入れもあるから、強い。

最後まで夢を追い続けた桑田真澄
引退がささやかれる中、「まだやるべきことがある。」と胸を張って言った高橋尚子。
も同様だ。


“引き際の美学”なんて言葉があるけれども、今いる世界にさっさと見切りをつけて伝説になってしまう人より、過去の栄光を崩してでも泥水をすすりながらでも、現役にこだわり、戦い続ける人の方が、私は好きだ。


話は組長に戻る。

彼の頭の中にある、プロレスの神様の教えが記されたメモ・“ゴッチノート”。
業界イチで唯一無二である関節技の技術は、必ず後世に伝えなければいけない。

“ボーン・トゥ・ボーン”に力や勢いは必要無い。
まだまだ藤原喜明は強いぞ!


彼の決断を心から支持し、応援したい。

がんばれ組長

|

« つなぐ野球、守る野球 | トップページ | 憧れをチェック »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/41191763

この記事へのトラックバック一覧です: がんばり続けるベテランも美しい:

« つなぐ野球、守る野球 | トップページ | 憧れをチェック »