« ウサギのおなか | トップページ | 待ってるぞアニキ! »

2008/04/10

魔性

 横浜市港北区の市立新田中学校(示野章子校長)で今年3月、1年生の学年末通知表で「計算力を向上させ魔性(ましょう)」などの記載ミスが見つかり、生徒58人に訂正版を配布していたことが分かった。教諭3人がパソコンで作った元データからコピーする際に誤った。学校側は3月末に保護者の指摘で気づいて謝罪したが、「魔性」と誤記載された女子生徒の父親は「誰でも間違いはあるが、ミスを見過ごした学校全体に不信感を抱く」と批判している。
 同校は昨秋に前期分、今年3月には学年末分の通知表を作成して生徒に配布。学年末分は前期の成績を再掲載する欄があった。
 市教育委員会によると、数学の男性教諭は女子生徒1人について、前期分で「魔性」と記載し、配布前に同僚の指摘で修正したが、元データは修正しなかったため、学年末の再掲欄で誤った。「不快な思いをさせて申し訳ない。前期で直したので間違っていないと思い込んだ」と話しているという。
 英語の女性教諭2人は観点別評価欄で、前期成績の「ABBA」を、学年末は「ABAB」などと再掲。通知表とは異なる順番で元データを作成していたのに学年末はそのままコピーしたため、当時の1年生212人全員の記載順を間違えた。うち58人は訂正が必要となった。
 市教委は「成績には影響ないが、チェック体制が甘かった」と話し、指導主事が学校訪問の際に注意を呼びかけて再発防止を図る。【野口由紀】(08・4・10『毎日jp』

魔性…。

ニュースを見て、モニターの前でゲラゲラと笑ってしまった(仕事中)。
通知表という真面目な書類の中に突然出てくる、非現実な「魔性」の言葉。
しかも計算力をダメ出しされた文章で出てくるんだもの。
ちょっと自分の中で魔性ブームが来そうなほど、おもしろかった。

あぁ後、その時ファミコンの「魔鐘」もなぜかドーンと頭の中に出てきた。
アイレム…。


と、いうわけで、意味の通らないこの程度のタイプミスはかわいいもので、批判している保護者には同情はできない。
ニュースにするほどのことかとも思った。

しかし、記事の後半を見てみると、あまりにも他のミスが大き過ぎて驚いた。
子供にとって通知表の数字が「A」か「B」かってのは、今夜がカレーか手巻き寿司か以上に大きなこと。
そこに関しては、許しがたい気がする。


これもパソコンの力に頼り信じ切ってしまった弊害か。
コンピューターもそのソフトも道具の1つ。
そして道具を使いこなすことって、結局は手先だけの問題ではなく、頭とか意識の問題なのだ。

先生。
プリントアウトした後は、横着しないで、最後はしっかり自分の目で確認し魔性。

(〈トラックバック〉●「行き過ぎ。どれだけ完璧を求めるの?」→08・4・10『News DEPOT』
●「魔性の中学生。」→08・4・10『やわらかい日々』

|

« ウサギのおなか | トップページ | 待ってるぞアニキ! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40839951

この記事へのトラックバック一覧です: 魔性:

» エルメス [エルメス]
サイト作りの参考サイトを回ってます。また読ませてもらいます。 [続きを読む]

受信: 2008/04/18 15:12

« ウサギのおなか | トップページ | 待ってるぞアニキ! »