« 9年間の重み | トップページ | 突っ込まざるを得ない言葉 »

2008/04/24

チラミズム

電車に乗って、いざ座っている人の目の前に立ってから、
自分のズボンのチャックがちゃんと閉まっているか不安になることがある。

すごくある。

“ズボンをはく”なんてほぼ無意識でやってることだしね…。


しかしそこですぐに確認しようと、おもむろに股間に手を伸ばすのもなぁ。
変質者みたいだもの。
ちょうど座席の人の目線の前だし。

と、いうわけで、1駅過ぎたところくらいで何気なくズボンを上げるフリをしながら指先で確認したり、
立ち位置を詰めつつ、何気なく足元を見るフリをしながら目で確認したり。

朝にする不必要な努力は続いている。

「誰も見ちゃいねーよ」って?必要以上に周りを気にするのがモテない男子なの(オドオド)

|

« 9年間の重み | トップページ | 突っ込まざるを得ない言葉 »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「電車」カテゴリの記事

コメント

ふふふ
そうですよ!
気をつけてください!
ズボンのチャックが下がっていると、どんなに素敵な格好していたり、知識人のように見えても、努力しても「変質者」に見えちゃいますよーーー。
お気をつけあそべ~。

投稿: まんちゃん | 2008/04/24 17:47

まんちゃんさま、こんにちは。

ンフフフフー。
男子がチャックを閉め忘れて歩いてしまう回数って、一生に何回くらいあるのでしょう…たぶん結構な確立だと思うのですが…。

“おちゃめさん”で済めばいいんですけどね…。

投稿: かんげ | 2008/04/25 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40979007

この記事へのトラックバック一覧です: チラミズム:

« 9年間の重み | トップページ | 突っ込まざるを得ない言葉 »