« 「生きることは愛すること」 | トップページ | 一言でいいのだ。 »

2008/03/11

国民総芸人時代突入

デジカメ+ネットが広まって、誰もが“表現者”になる時代になった。

趣味のものだったカメラはその垣根を下げ、今や誰もが持っているものになった。
旅行や行事などの特別な時だけではなく、毎日の瞬間を誰もが切り取っている。

HPやブログでは、「お腹空いた!」から、「私はこんなにいい絵が描ける」「今日はカレシが優しかった」「ウチの子かわいいの!」「誰かゲームの話しましょう」まで、誰もがどんなことでも“主張”できるようになった。
今までお隣の奥さんやクラスの友達にしか話していなかったものが、クリック1つで世界中に発信できてしまう妙。


そうなると、多くの人はより高みを目指すのは必然だ。

「崇高なものを」
「とにかくおもしろいものを!」
「たくさんの人に見てもらえるものを」

今まで自己完結だったり独り言だったものから脱却しようと、努力をする。
常にカメラを首から下げるようにしたり、文章を勉強したり、足を使っておもしろい“ネタ”を探したり、たくさんアップロードしたり。
まさに“国民総芸人”のようだ。


確かに私も、かわいい猫2匹が寄り添って昼寝をしていればカバンの中から焦りながらカメラを出すし、何かについて考え、それが多少の人が見ても耐えうるものにまとまりそうだ=ブログに書けそうだと思うと、ケイタイのメールに忘れないよう保存している。
何かおもしろそうな体験をすると「これをブログに書こう!」と思うことが多々あるし、少々の自分の不幸事なら「ブログに書いてネタにしてしまえ!」と慰めたりする。

お笑い芸人用語の「おいしい」を、素人も使うヘンな時代である。


しかし中には自分が有能なジャーナリストであったり、テレビの向こうの人気お笑い芸人であるかのように錯覚してしまうのか、度を超えてしまう人がいる。

今日代官山を歩いていても、老若男女デジカメを手にした人がとても多い。
自分が気に入った風景を見るや、次々にシャッターを押す。
しかし中にはよりよい作品のためと周りが見えなくなっているのか、お店の奥まで入って行って商品を勝手に動かして撮影している人がいたりして…大丈夫かと思う。

以前「交通事故などの不幸な現場に出くわすと、道行く人が一斉にカメラを構える。」と聞き、背筋が凍る思いをしたことがあるが、それを思い起こさせた。


下記の動画の件もそうだ。
つくりこまれたテレビ的な笑いをマネして、素人が何も考えず実際にやってしまう。
「今オレおもしろいことやってる!」と自己陶酔しながら、他人の迷惑を顧みずに。

友達を笑わせようと若手芸人の自虐ギャグをマネし、
「コンパの後、飲酒運転しちゃいましたー!」
とネット上で得意気に語ってしまう大学生も同じだ。


こういう時代になって数年。
まだまだ使う人間の意識やマナーが追い着いていないことを痛感する。
同じ世界にいる自分だって、ふと気を緩め調子に乗ると犯してしまうかもしれない行為、気を付けたい。

 『ドライブスルーを全力でスルーしてみた』という動画が先週末『ニコニコ動画』にアップされてお祭り騒ぎとなっている。
 動画の内容は、ドライブスルーで注文をして受け取らずにそのまま去っていくといういたずら動画。 これを見た人が「迷惑行為だろ!」「通報した」とコメント。
 また、ドライブスルーから出る際に一時停止を行っていないとの指摘も出ている。(後略)(08・3・10『livedoorニュース』

(〈トラックバック〉●「頭がハッピーセット!!「ドライブスルーを全力でスルーしてみた」」→08・3・11『にゃんだふる286(にゃむ) 一日三食シーチキン』
●「「ドライブスルー」動画騒動」→08・3・11『ニュース短評』
●「マックのドライブスルーを華麗にスルーする動画を公開して炎上騒ぎ」→08・3・10『痛いニュース』

|

« 「生きることは愛すること」 | トップページ | 一言でいいのだ。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。わたしも類似のニュースを見ました。自転車や徒歩がドライブスルーで通用するかなどを試して面白がってたり・・・。それを面白いと思う価値観もネットに流す事に問題を覚えない感覚も理解しかねますが。

ブログも長く書いていると、やはりそれなりに上達したいと思ったり、ウケを狙いたい気持ちは出てきますもんね。
人それぞれの使い方だと思うし、わたしも色んなブログさんを見て楽しんでますが、つまらない我をむき出しにしてるものはいただけませんね。

投稿: みみ | 2008/03/13 13:58

みみさま、こんばんはー。

単純に「ひとさまに迷惑をかけない。」って、電車乗ってる時とか仕事してる時とかは思っているはずなのに、こういう時だけ突如暴走してしまうのは…ネットの世界だって実社会と同じようにマナーもありますからね。
私も気をつけなきゃ。

また、「内面のドッロドロしたのを匿名でさらけ出せるのがいい!」と言う人もいますが、私はどちらかといえばネット世界だけの顔をつくるのは難しそう、と思っています。
そこまでやるのは恥ずかしい、というのが大きいのかもしれませんが。

投稿: かんげ | 2008/03/13 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40466259

この記事へのトラックバック一覧です: 国民総芸人時代突入:

« 「生きることは愛すること」 | トップページ | 一言でいいのだ。 »