« 善意の価値は | トップページ | ケイタイはCASIO! »

2008/03/18

スーツの着こなしは人生による

お昼過ぎ、繁華街を、着こなせていないスーツの男子集団が歩いていた。

きっと大学か何かの卒業式なのだろう。
もうすっかりそんな季節かぁ…もはや死ぬまで卒業というものを体験しないであろう私は、寂しさと不安と希望ある未来にあふれた彼らがうらやましかった。


それにしても、“スーツの着こなし”って、経験ひとつでどうしてあんなにも変わるものなのだろう。
最近通勤電車でも増えてきた、リクルートスーツの人を見ていてもそう思う。

年齢に関係なく、スーツを仕事など日常から着用している人は、これがとても似合うのだ。
逆に、着なれていない人は、すぐに雰囲気でそれがわかってしまう気がする。

単に着ているものが新品だから、とかそういうわけではないと思う。
“着こなし”だもの。
でも、テクニックだけでもない気がするのだ。
新卒の子が、どんなにリクナビとかの「スーツ着こなし術」などをがんばっても、ダメだろう。


おそらく、殊に着なれていない人に対しておかしく感じ、目立つのだろうなぁ。

何というか非常に文字にはしにくいのだけれども…
「スーツに振りまわされている。」
カンジがするのだ。


なんでだろう。
日常から気にし過ぎでも気にしなさ過ぎでもない、そんな絶妙な力加減を学ぶ前だからかしら。
それともこの服って、どの服よりも人生を反映してしまうものなのだろうか。


ちなみに私は普段ジャージとジーパンでダラダラと仕事しているから…
きっとおめかししたら、同様にギュンギュン振りまわされて見えるのだろうなぁ…がく。

七五三

|

« 善意の価値は | トップページ | ケイタイはCASIO! »

「イラスト」カテゴリの記事

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スーツってガクランの延長になりかねませんよね。だからラクチンでいいなーー。
私は、征服じゃないし、営業も行くから洋服代結構しちゃいます。日頃からスーツ着慣れてる・・・なんてカッコイイですね。
この間、ニュースで女性は男性のピンクのYシャツに弱いって出てましたが。。。エリと袖が白いのが好きです。個人的には。。。外務省ルックですね。

投稿: まんちゃん | 2008/03/19 14:13

まんちゃんさま、こんばんは。

私も、毎日どのジャージを着ていくか悩むので、スーツは便利…でもきっと、ネクタイ合わせたり小物合わせたりと、それはそれで大変なのかも。どうなんでしょね。
やっぱ日常からビシッとしていることは、いいことです。清潔感ですよね!

男子に“スーツ萌え”する女性は多いと聞きますが、いやいや男性だって女子に対して“スーツ萌え”します。カッコいい!

あっこれだけニーズあるなら、国民全員毎日スーツで…でも根本的にダラけている自分は取り残されそう。

投稿: かんげ | 2008/03/19 18:31

こんにちは。
スーツって確かに着慣れているか、そうでないか、一目瞭然ですね。
わたしもなんでだろ??って思ってました。
わたしのイメージとしては、普段スーツを着ていない人は「スーツ顔」していないような・・・。意味分かりませんかね(^^;;
葉や幹などを模する昆虫などの擬態じゃないですけど、なんとなく普段の服装と表情や顔つきがマッチ同化するのかな~なんて。
これで説明できているのでしょうか(^^;)更に分かりにくくなっていたら、ごめんなさい。

投稿: みみ | 2008/03/25 13:01

みみさま、こんばんはー。

「スーツ顔」…わかりますよくわかりますっ!
普段着ている人は、どんなスーツ着ても馴染んじゃうんですよねっ。
テクニックとかじゃないんですよね。
何というかこう、にじみ出るもの…?

ホント、なんででしょうねぇ…。

もしかしたら和服とかもそうなのでしょうか。

投稿: かんげ | 2008/03/26 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40547978

この記事へのトラックバック一覧です: スーツの着こなしは人生による:

« 善意の価値は | トップページ | ケイタイはCASIO! »