« 人間らしく。 | トップページ | ♪今日ーはたのしいひなまつりなのにー »

2008/03/02

後悔人より後輩へ

母校の専門学校(デザイン系)の学生作品展に出かけた。

どんどんと淘汰されてゆく専修学校業界の中で生き残るには、より専門的な、より実際の現場に対応できる教育が必要とされているようで、発表作品を見ても、

「化粧品ブランド○○の広告展開」とか、
「オリジナルブランド○○のトータルデザイン」など、

業界のルールに倣い、上手にキレイにまとめたものが年々多くなってきている気がする。


それはそれでいいのだけれども…同時に、もっとハジけた、不器用に情熱的な作品が少なくなってきているのも感じる。

「自分の表現したいこと、誰に何と言われても描いてやるっ!」とか、
「周りの人達を、あっと言わせてやる!」とか、
「これを見せて、とにかく笑わせてやる!」とか、

そういった、かたよった、熱ばかりこもったようなもの。


数年前までは、ただただ圧倒されたり、驚きの切り口があったり、(いい意味で)バカバカしくて笑ってしまうような作品もあってすごく感化され、毎年ここに足を運ぶのが楽しみだったのだけれども…ここのところちょっとこじんまりし過ぎているというか、おとなし過ぎるというか、マジメ過ぎる感じがして、寂しいのだ。


まぁ全て、学生時代を怠惰に過ごしていただけの私に言えたことではないのだけれども…
とにかく、「“青春時代”を、やり切ったか?」ということだ。

ぜひ“今しかできないこと”を…私は、もっと学生さんを羨ましがりたいだけなのだ。

もちろん、おもしろいのもあったよ

|

« 人間らしく。 | トップページ | ♪今日ーはたのしいひなまつりなのにー »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40356836

この記事へのトラックバック一覧です: 後悔人より後輩へ:

« 人間らしく。 | トップページ | ♪今日ーはたのしいひなまつりなのにー »