« 国民総芸人時代突入 | トップページ | 思わぬ楽しみ、夏の楽園。 »

2008/03/14

一言でいいのだ。

「楽しい。」とか、
「嬉しい。」とか、
自分の感情を正直に率直に言葉にできる人を、私はすごいと尊敬する。

ヘソ曲がりな私には、到底ムリなことだからだ。


例えば私が誰かにご飯をつくってもらっても、そしてそれがとてもおいしかったとしても、
「おいしい!」
と笑顔で一言、言えばいいものを、照れくさいので、

「もう今週は毎日このおかずで大丈夫だよ。」
とか婉曲的にしか言えず、

「料理のし甲斐のない、つまんない人!」
などと取り違えられて、怒られたりすることだろう。

…うまくこう、表現できていると思うのだけれどもなぁ。


どんなに飾っても、やっぱり人の心にイチバン響くのはストレートなものなのかな。

友人に、「楽しかった。」と言われると、安心する。
気になるあの子に、「嬉しいな。」と言われると、ドキッとする。

そのまんまの気持ちを一言、一言でいいんだ。

|

« 国民総芸人時代突入 | トップページ | 思わぬ楽しみ、夏の楽園。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんはぁ~かんげさま。

うん…コレ、わかるわかるっ!
わたしもどちらかと言えば、素直に言えずに回りくどくなるか、もしくはゴコトくらい多くて、文句を言いたかったのか?みたいになってしまいます。

ソレにしても「もう今週は毎日このおかずで大丈夫だよ」…コレはマズいっすねぇ。おそらく「大丈夫って、どういうコトよぉっ!」…そういう展開になるモノと思われます。

やっぱり、シンプルなのが1番いいのだなぁ…難しいけれど。

投稿: mouette | 2008/03/14 21:26

私はすぐ口に出して失敗してます。。。

だけど、作った料理、まずくても「うまい」「ありがとう」って言っほしいいい。大袈裟なリアクション、結構嬉しいです。

投稿: まんちゃん | 2008/03/17 12:54

mouetteさま、こんばんはー。

「シンプルがイチバン美しく、響く。」
わかっているんですけど、どうしても飾ってしまうんですよね。

こういったブログの文章にも言えることかもしれません。
簡潔にまとめたいんだけれども、どうしてもグチャグチャに…。

心配性だから?自信が無いから?うーん。


「もう今週は毎日~」も、「今日のこの瞬間だけで生きていけるほどの感激!」といった意味合いを、うまく表現できてると思ったんですが…なんで怒られるかなぁ。

なんか…私は人間としての根本的な、何というか…性根?
そこら辺からダメなようです…。

投稿: かんげ | 2008/03/17 20:22

まんちゃんさま、こんばんはっ。

あぁー。逆の方もいられるんですね。
でもきっとそれでも素直な方が、喜ばれるし、美しいし、ステキだし…いいと思います!
ひねくれてぶつかるのと、正直な意見でぶつかるのでは、全然違いますものねー。

大げさなリアクション…これが難しい!
それがベストだとわかっていても…あーダメだあまのじゃくだー。

投稿: かんげ | 2008/03/17 20:27

おはようございます。

う…落ち込ませちゃったでしょうか。
反省っ。ごめんなさい。

…と、例えば謝っちゃったりする。
すると、わたしはかんげさんの「そこら辺からダメ」というのを肯定したコトになってしまうので、この場合は全力で否定するべきか、謝るべきかが非常に難しい…。

難しいけれど、申し訳ないと反省しているのはホントだし、ヒトとしてダメじゃないからソコは否定したい…ソコで一言「かんげさんはヒトとして大丈夫ですっ」

…相手がどう受け取るか―ソレがわからないから難しいのだなぁ。

投稿: mouette | 2008/03/18 09:27

分かります。誉めるのって難しいですよね。
わたしは夫を中々誉めない上に,誉めても上手に言えてないみたいで、誉めると夫は警戒します。w
対する夫は、手放しで且つストレートに誉めてくれるのでわたしは誉められるといい気になってます。
誉め言葉ってやっぱり分かりやすい方がストレートに心に響いて,相手への好意も増しますよね。わたしも誉め上手になりたい。

投稿: みみ | 2008/03/18 13:55

mouetteさま、こんばんはー。

どもー!ヒネクレモノです!
…開き直った!新手の切りかえしです。

…ありがとうございます。
私、生きてていいんですかっ、なんて。

今日も自己矛盾でドウドウ廻りしそうですが今は、
自分も反省しつつ、周囲には「自分はこんなやっかいな人間なんですよ。」と宣伝する、
これが無難な策かなと思っております。

あえて自己弁護するなら、「人間臭くていいじゃない。」とか、言ってみましょうか!
あしたも元気に誤解とかされてみたいと思います…間違って前向き。

投稿: かんげ | 2008/03/18 19:47

みみさま、こんばんはー。

誉めるの、難しいですね。
「手放しで誉める」とか特に!
「でもさ…」とか最後にどうしても付け加えちゃいます。ヤブヘビ!

ダンナさま、広い方ですね。
誉め上手な人を前にいい気持ちにさせられ、後で、
「あの人いい人だったなぁ…ああいう人になりたい。」
と、私も思うのですが…がく。

でも「誉めると警戒される」のは、長年のお二人の歴史でつくられたいい関係ですね!
“不良が雨の日子猫拾う”
みたいに、小さな素直さで大きな効果を…この打算的なところがダメなのかな!

投稿: かんげ | 2008/03/18 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一言でいいのだ。:

« 国民総芸人時代突入 | トップページ | 思わぬ楽しみ、夏の楽園。 »