« 歴史と伝統とかわいさと | トップページ | やっぱり、みんな、寂しいのだ。そして子供。 »

2008/03/05

ミカンから学ぶ美容学

ミカンを食べた後、ゴミ箱に捨てた皮を拾ってみると…あっという間に固くしなびてしまっている。

みずみずしい表皮は、みずみずしい果肉あってのものなのだと、実感する。


ならばさ。

怠惰な毎日の中、おフロ上がりの時だけ一生懸命に化粧水乳液を塗り込んでいる姉さん…順番を間違っていない?

皮肉じゃなくて!純粋に思っただけなの!

|

« 歴史と伝統とかわいさと | トップページ | やっぱり、みんな、寂しいのだ。そして子供。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お風呂上りの化粧水パタパタ。
これを逃すと、その後顔にノリを貼ったようにつっぱってしまって、それこそ乾燥した皮むいたミカンみたいになってしまいます。
そして、お風呂上りにパタパタ、日中はおやじさんたちよろしく企業戦士として働き、帰りには家族や同居人のためにスーパーにも立ち寄って、帰ったら口をあけてまってるヒヨコにえさを与え・・・・。
大変なんですよーーー。女性は。
お風呂上りにゆっくりパタパタ。自分が女だって再確認する貴重な時間です。といいつつ、酔っぱらった日には、マスカラべったりでおおいびきで寝てたりする・・・ははは。

投稿: まんちゃん | 2008/03/06 10:00

まんちゃんさま、こんばんは。
いやー悪気があって書いたわけじゃ…なき…にしもあらず!

まんちゃんさまはレッスンで、表皮だけでなく「みずみずしい果肉」までお手入れされているので大丈夫だと思うのです。

が、人によっては思うのです。
お風呂上がり、パンツに「どーん!」とお腹のお肉乗っけたまま、顔をパタパタ…。
「お手入れするのは、ソッチじゃないんじゃない?」
と…。

女性は大変です。男よりも大きな一手間がありますから。
でも、順番というか場所というか、何かが間違ってると思う時があるんだよなぁー!

投稿: かんげ | 2008/03/06 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミカンから学ぶ美容学:

« 歴史と伝統とかわいさと | トップページ | やっぱり、みんな、寂しいのだ。そして子供。 »