« 変わったけれど、変わらない新横浜 | トップページ | 旦那すごけりゃ嫁もすごい »

2008/02/10

夜のために昼はある

友人のカマキリさんと組み、地元のバドミントン区民大会(ダブルス)に参加した。

半年ぶりに握ったラケット。
しかしながら負い目は感じていなかった。

週1回のジムと、ここ最近のたまーにするランニングが、ちゃんと続いていたから!
やるじゃない自分!


かかって来い若人共Yo!と、いうわけで勇んでコートに入ったのだけれども…
「カツン!」
「コツン!」
「スサー!」

ラケットのガットがシャトルを的確に捉えた、
「パーン!」
という弾けるような音が出ない!

全部、当たり損ね(空振りはまぬがれた)。


しかも使う筋肉が違うのか、1試合目中盤で早くも右腕や太腿が痛くなってしまった。

やはり競技ごとにブランクというものはあるものなのだなぁと感じながら、ほとんどの打球処理をパートナーに任せつつ(ありがとう)、今日は2勝2敗で終了した。


試合後、反省しようかと思ったけれど…それも「反省会」と称した場の楽しいお酒で流されてしまった。
まさに名ばかり!

…まぁいいや。
どんなにダメでも、おいしくお酒が飲めるのなら!

最近昼間というものは、全部夜…楽しいお酒のためにあるような気がしている。

えっ、「活躍すればよりおいしくお酒が飲める」って!?

|

« 変わったけれど、変わらない新横浜 | トップページ | 旦那すごけりゃ嫁もすごい »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のために昼はある:

« 変わったけれど、変わらない新横浜 | トップページ | 旦那すごけりゃ嫁もすごい »