« 旦那すごけりゃ嫁もすごい | トップページ | 恐怖!筋肉痛の波! »

2008/02/11

旦那すごけりゃ嫁もすごい(つづき)

(つづき)

強烈!○〈セミ〉中嶋君×竜志
中嶋君は、空手で輝かしい実績をあげ、プロレス界最年少デビュー。
プロレス大賞新人賞や、ジュニアヘビーのベルトもすでに獲得しているエリート。
顔もかわいい。
師匠の健介とは何から何まで真逆で、健介のファンとは全く好みがかぶらない気がするのだ。
それなのに彼への声援が多いのは、人間的にもプロレスに対しても、とても真面目だからなのだろう。
ここだけは師匠譲りか。

プロレスを長く見ていると、昔は「痛そう。」とか「危ない!」とか「すごい!」とか思っていた危険な技にも、だんだんと慣れてしまうことがある。
しかしそれでも今日、フィニッシュ前に中嶋君が竜志に放ったハイキックには、戦慄を覚えた。

ノーガードでそれを食らって、試合後立ち上がった竜志もあっぱれ。
彼は中嶋君とは対照的に、泥臭くまっすぐなスタイルで感情移入しやすい、いいレスラーになりつつあると思う。
2人のライバル関係は、すごくいい。

○〈メイン〉健介天龍高山みのる×川田彰俊大谷吉江
「ストーリーもあまり無しに突然組まれた、豪華だけなカード。」
はじめはそう思っていたのだけれども…やはりこれだけのトップレスラーがリング上に揃うと、興奮で身震いせずにはいられない!
それぞれのぶつあり合うレスラーの色とプライド…いやぁ、熱かった。

リングは宝石箱


このメンバーでは年齢もキャリアも下の吉江だったが、あの体で動き回り、全くひけを取らない存在感を見せていた。
“DRADITION”がどこの団体と絡んでいくかは定かではないけれど、彼の強さがもっと注目されるようになればいいなぁ。

○〈試合後〉後藤と小原の乱入
さっきまでリングにいたメンバーが豪華過ぎて、夢が覚めないカンジでお客さんも反応が鈍かったけれども、真っ先に飛びかかって行く若手達は頼もしかった。
彼らのようなタイプのレスラーから学ぶことも多いとは思うが…健介オフィスのリングが“新日本化”するのはあまり喜ばしいことではない気もする。

狂犬キター

|

« 旦那すごけりゃ嫁もすごい | トップページ | 恐怖!筋肉痛の波! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/40113929

この記事へのトラックバック一覧です: 旦那すごけりゃ嫁もすごい(つづき):

« 旦那すごけりゃ嫁もすごい | トップページ | 恐怖!筋肉痛の波! »