« 伝説のアノ、 | トップページ | ぶらりに垣間見るリアル »

2007/12/20

罪には罰を。言葉でわからないなら…!

 20日付の中国紙、法制時報によると、河北省滄州市の中級人民法院(地裁)は19日、収賄罪などに問われた天津市の李宝金・元検察長に死刑判決(執行猶予2年)を言い渡した。
 李被告は天津市公安局の副局長や検察長だった1996年から2006年の間、職務上の権限を乱用し、複数の企業から計562万元(約8600万円)相当のわいろを受け取った。また検察組織の公金約1400万元を民間企業の資金に流用したとされる。
 李被告は昨年8月に不正行為が発覚、免職処分になっていた。(07・12・20『nikkansports.com』

この件に関してだけは、
「中国あっぱれ!」
と思うし、日本も見習わねばならないと思う。


日本の政治家の腐敗が止まらないのは、彼らが収賄・脱税・その他うんぬんに対して、
「大して悪いことではない。」
と思っている…どころか、

「誰もがやることだ。」とか、
「政治家の特権だ!」とか、
「逮捕も政治家としての“ハク”の1つだ。」
くらいに思っているような気がして、悔しくて、腹立たしいことこの上ない。


思考回路が全くおかしいというか、頭が機能していないというか…あれだけ報道され、あれだけ国民の怒りの声が上がっているというのに耳に届かないということは、もはや言葉の通じないご近所のノラタヌキ以下のモノ。

ならばこれらの犯罪行為が、国に、国民に、決して許されることではないということを、厳しい“罰”によって身をもって教えてあげることしか残されていない。

…大げさではなく、本当に極刑でもいいと思うのだ!ムキー!

|

« 伝説のアノ、 | トップページ | ぶらりに垣間見るリアル »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/17428796

この記事へのトラックバック一覧です: 罪には罰を。言葉でわからないなら…!:

» 中国 死刑 執行猶予 [執行猶予とか懲役の意味は?]
罪には罰を。言葉でわからないなら…!20日付の中国紙、法制時報によると、河北省滄州市の中級人民法院(地裁)は19日、収賄罪などに問われた天津市の李宝金・元検察長に死刑判決(執行猶予2年)を言い渡した。 李被告は天津市公安局の副局長や検察長だった1996年..... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 11:53

« 伝説のアノ、 | トップページ | ぶらりに垣間見るリアル »