« 今日はクリスマス | トップページ | 値上げブーム »

2007/12/24

奇跡のような

 07年M-1グランプリ決勝が23日、テレビ朝日で行われ、7代目チャンピオンにサンドウィッチマンが輝いた。敗者復活組からの優勝。審査員7人のうち島田紳助、松本人志ら4人の得票を集め、参加コンビ過去最多の4239組のトップに立った。
 サンドウィッチマンは伊達みきお、富沢たけし(ともに33)のコンビ。賞金1000万円を手にした2人は「何も覚えてない。夢見心地」と話していた。(07・12・23『nikkansports.com』

2本目・優勝決定戦のネタが、3組とも決勝戦のものを下回っていたのが残念だったが…上位3組、そして4位のハリセンボンまでとてもおもしろく、例年通りの熱戦だったと思う。


突如誕生したヒーローには、過去の大会にはない清々しい感動をもらった。
いかつくて人相の悪い2人が、スターになる瞬間…まさにお笑いという特殊なジャンルの長だ。

彼らが吉本興業所属ではない、というところもまたカッコよかった。


しかし今大会で何よりも素晴らしかったのは、優勝決定戦での審査員の投票と開票の順番。

|

« 今日はクリスマス | トップページ | 値上げブーム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/17499561

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のような:

« 今日はクリスマス | トップページ | 値上げブーム »