« めーひかった!! | トップページ | 鉄人、復活。(つづき) »

2007/12/02

鉄人、復活。

 “鉄人”小橋建太復活! 2日のプロレスリング・ノア「Winter Navigation’07~最終戦~」(日本武道館)で小橋が昨年6.4札幌メディアパークスピカ大会以来、546日ぶりにリングに復帰。昨年7.16武道館で実現するはずだった幻のカード、小橋、高山善廣組vs.三沢光晴、秋山準組で「プロレスラー」としての生きざまを見せつけた。
 昨年6月の定期検診で腎腫瘍が発見された小橋は、7月6日に体腔鏡手術で右腎臓を摘出。検査の結果、腫瘍は悪性の腎臓がんであることが判明した。
 その後は復帰に向けトレーニングを続け、同年の12.10武道館大会ではファンの前で「必ずリングに帰ってきます」と力強く宣言。その1年後についにレスラー復帰を果たした。(後略)(07・12・3『スポーツナビ』

悪夢のような挫折から再び、小橋健太、復活。

超満員の武道館
下から見上げると、3階席の上の上、天井まで人間の顔がビッシリ。

これがプロレスの、これがNOAHの、そして小橋の力だ。


小橋のための興行に、
「それ意外の試合は、大したことないんでしょ。」
と言う人もいたけれども、いやいやそんなことは全くなかった。
久々に見たNOAHに、メジャーの底力を見せつけられた。

プロレス祭りだ!○〈第1試合〉百田カシラ×平柳泉田
チャンプの1人が第1試合から登場。
この人のセントーンは説得力がある。
平柳はひょうひょうとしていて、なかなかおもしろい選手だ。

○〈第2試合〉青木金丸×一平鼓太郎
イキのいい若手とジュニア戦士、目まぐるしい好勝負だった。

○〈第3試合〉雅央佐野×ブキャナンダグ
雅央の会場人気がすごい!

雅央が攻める度に、みんなヘラヘラ笑いながら「雅央~。」
雅央がやられる度に、みんなヘラヘラ笑いながら「雅央~。」
やられることが多いので、後者の「雅央~。」のほうが断然多い。
あっどっちも同じだ。

しかしながらよくも悪くも、みんな雅央に夢中だった。

○〈第4試合〉伊藤ヨネ杉浦×潮崎菊地多聞
小橋にゆかりの深い3人が勝つのは必然か。

チョップ1発で武道館をわかせる潮崎。
終盤に放ったケサ斬りでは、彼の手が壊れてしまうのではないかと心配になった。
いつの間にか自信に満ち溢れたたたずまいになっていて頼もしい限りなのだが…オレンジクラッシュならともかく、ラリアットまで放つとは。
そこまでコピーしなくてもいいと思うのだが。

ちなみに私は最近、“多聞の助走”のマネを研究中。

○〈第5試合〉エドワーズ小川×太二KENTA
お祭りの日に、1人空気をピリピリさせ入場するKENTA。
「そこまでやるか!?」
「プライベートで何かイヤことあったのか!?」
という程、過剰に小川に突っかかって行く。
珍しく小川も対抗し、華麗な技がありながらも殺伐とした試合に。

試合後。
熱さを引きずるKENTAが、花道を引き上げる小川を…追う!
…と見せかけて、お客さんをスカしてそのまま退場。
彼はずっと冷静でずっと広い視野で試合を見ていたのだ。

全8試合の5試合目。
ダレはじめる空気をビシッと引き締めたKENTAに、
「興行とお客さんをわかってる!」
と、ますます印象をよくした。

(つづく)

そしてメインへ…!

|

« めーひかった!! | トップページ | 鉄人、復活。(つづき) »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/17351850

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人、復活。:

« めーひかった!! | トップページ | 鉄人、復活。(つづき) »