« 落書きの痛みは平等だ | トップページ | 夏だから海だから熱海旅行(その1) »

2007/08/03

バギョォォ

きのう、テレビ朝日系『アメトーーク』にて、「ジョジョの奇妙な芸人」。

長きに渡り連載の続く大傑作ながら、“一大メジャーマンガ”のポジションにはあえてはまらないその超個性的な作品は、できればこのまま“僕らのJOJO”でいて欲しいのだけれども…
だが、あの時間のテレビ番組でジョジョの話題が出てくるのは、やはり素直に嬉しいものだ。


目の厳しいいわゆるオタク達を相手にする番組やコーナーは、何よりその深度が大切で…それはスタッフも出演者も、相当の準備や思い入れがないとできないものだ。
少しでも知識が浅かったり、情報が間違っていたりすると、すぐに視聴者は幻滅し、時にはそれが攻撃に変わることもあるからだ。

そんな中で昨日の放送は、充分それに耐え得るいいものだったように思う。


しずちゃんと荒木先生の関係が何よりも気になるのだけれども、それは置いておいて…
オリエンタルラジオ中田はその顔だちと体のバランス…3次元世界で生かしておくのはもったいない、まさにマンガの中のキャラクターのようで、“JOJO立ち”もディ・モールト美しかった。

(〈トラックバック〉●「アメトーーク『ジョジョの奇妙な芸人』は、テレビ朝日系で8月2日(木)夜11時15分よりオンエア!!」→07・8・2『@JOJO』

|

« 落書きの痛みは平等だ | トップページ | 夏だから海だから熱海旅行(その1) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/16091652

この記事へのトラックバック一覧です: バギョォォ:

« 落書きの痛みは平等だ | トップページ | 夏だから海だから熱海旅行(その1) »