« 遠きボンボン派の思い出 | トップページ | そういうものなのだ。 »

2007/07/18

アクと、アク。

渋谷の駅前で、「署名」と「募金」を募っている某自称ボランティア団体。

数年前、櫻井よしこのニュース番組で特定政治団体との密接な関連と募金の使途不明が報道された団体だ。
しかし報道以後も衰えることなく、いやそれ以上に、その活動範囲は各都市に広がり、派手に活動しているような感さえある。


今日のお昼、ずいぶんといつにもまして、その活動は活発なように思えた。
募金箱を持った大勢の人間が駅前を徘徊し、次から次へと道行く人に声をかけていた。

そう。つい先日、新潟で再び大きな地震があったからだ。


「新潟県中越沖地震復興の募金をお願いします!」

三宅島が被災すれば、次の日から「三宅島復興資金」。
イラクの紛争が激化したと報道されれば、次の日から「イラク支援金」。
能登半島が被災すれば、次の日から「能登半島復興支援金」。

その変わり身の早さ。
人の不幸で身銭を集めていると思うと、何というか、ドス黒い気分になる。


眺めていると男子高校生や、女子大生のような若い子達が、自分のサイフを開いてお金を入れている。
本来ならば美しい光景なのに、決してそうは見えなかった。

 
「世間に存在する悪は、ほとんどつねに無知に由来するものであり、善き意志も、豊かな知識がなければ、悪意と同じくらい多くの被害を与えることがありうる。」
(『ペスト』アルベール・カミュ)

「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ…!!自分の利益だけの為に利用する事だ…!」
(『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦)

|

« 遠きボンボン派の思い出 | トップページ | そういうものなのだ。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/15864138

この記事へのトラックバック一覧です: アクと、アク。:

« 遠きボンボン派の思い出 | トップページ | そういうものなのだ。 »