« やっぱりハミガキは甘くあれ | トップページ | 遅れて現れヒーローは輝く。遅れて現れ一般人はヒンシュクを買う。 »

2007/06/02

孫子は梅の実と共に

毎年恒例、我が家の梅の実穫り。
今年も、すっかり登り慣れた木の上で、枝を揺すって青々とした実を落としたり、手を伸ばして直接摘んだり。
あいかわらずたくさん収穫できたのだった。

薄情者の我が家の家族は私が朝目覚めた時にはみんな出かけていて、今日はもうすぐ80を迎える我が家のおばあさんと2人きり。


木の上で思い出す。
そういえばこうやって私が年に一度の木登りを始めた最初の頃…それこそ数十年前は、おばあさんも何キロもする梅の袋をひょいと抱え上げ、手伝ってくれていたものだった。
しかし今ではすっかり白髪も体重も増え、去年からは杖をついて歩くようになり、今年になると一人で立ち上がるのもままならなくなってしまっている。

私の足元でよちよちと落ちている梅の実を拾っている彼女の背中は、いつまでも変わらない梅の木とあまりにも対照的で…ちょっと色々と考えた。


歩き廻る習慣が日々減っているお年寄りには、ついつい手を貸してしまいがち。
しかし今日は心を鬼にして、あれやこれやと注文をしてお手伝いをしてもらった。
健康のために。

しかし向こうは向こうで、私の方を自分の手伝いだと思っている。
一仕事を終えると、私に昔と同じようにお駄賃を渡そうとするおばあさん…やっぱり私は永遠に、彼女の孫なのだ。

今年も青々と

|

« やっぱりハミガキは甘くあれ | トップページ | 遅れて現れヒーローは輝く。遅れて現れ一般人はヒンシュクを買う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、もうそんな時期ですかね。
毎年お祖母さんのために梅を収穫できる幸せ、
この幸せがいつまでもいつまでも続くといいですね。
梅酒の味も格別でしょうね。
いいなぁ、かんげさん。
お祖母さんを大切に。

投稿: 新橋オヤジ | 2007/06/07 00:18

新橋オヤジさま、こんにちは。

「平和だな。」とは思うんですが、これを「幸せだ。」とは考えていませんでした。
そっかぁ…幸せなことなんですね。

年をとるほど「幸せ」なことを感じる能力は高まる気がします。
色んな経験つんで、色んな思い出が増えて、それに照らし合わせることでわかる「幸せ」…だからそんな幸せは大概、
「あの時は幸せだったなぁ。」
のような、ちょっと切ないもののような気もします。

今気付かせてくださってありがとうございます!


私は味オンチなので何とも言えませんが…我が家の梅干しを壷にたんまり入れて、梅干し好きの人に渡したら、「おいしい!」と喜ばれたことがあります。
梅酒は今のところ独り占めです!

投稿: かんげ | 2007/06/07 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫子は梅の実と共に:

« やっぱりハミガキは甘くあれ | トップページ | 遅れて現れヒーローは輝く。遅れて現れ一般人はヒンシュクを買う。 »