« やっぱり… | トップページ | ただいまーぁ。 »

2007/05/16

それでも変わらないものが

 15日午前7時ごろ、福島県立高3年の男子生徒(17)=同県会津若松市=が「母親を殺した」と切断された人間の頭部を持って、福島県警会津若松署に自首した。同署員が少年の住むアパートを確認したところ、首のない女性の遺体と凶器とみられる刃物があった。同署は少年を殺人容疑で緊急逮捕し、遺体は同県金山町の保育所に勤めている少年の母親(47)とみて、身元の確認を急いでいる。
 調べでは、少年はバッグを持って署に現れ、署員が中を確認したところ、頭部が入っていた。少年は特に取り乱した様子ではなく、署員に「夜中に寝ている母親を、1人で刃物で殺した」と話した。一方でつじつまの合わないことを話し、「誰でも良かった」などとも述べているという。(後略)(07・5・15『毎日新聞』

もちろん人はそれぞれで、特に今は大人も子供も個性を個性をと言われる時代であるけれども、

「あれは美しい。」とか、
「これをやればカッコイイ。」とか、
「これはやってはイケナイ。」とか、

人間としての基本的な価値観までもが明らかに異なる人々が、これだけ同じ社会の中に混在しているというのは、思ってもみないことであった。
もはや自分の中の“常識”というものを、相手に求めてはいけないのだろうか。


私には“殺人”というものに対する衝動や欲求、美意識は全く…1ミリも、1ミクロンも、理解できない。
しかしながらこの若き殺人者には、それが何よりも大きく、あったのだろう。
警察署の取調室で、自分の行為を思い出し、悦に入る高校生を想像してみると、ふつふつと嫌悪感が沸き上がってくる。

全然わからない。
わからな過ぎる!


他人は理解できないものだけれども、理解しようとするからこそ人間なわけで。
でもどんなにがんばっても自分には絶対に理解できない人がいるという事実を突きつけられたようで、悲しさでもないし情けなさでもないし…複雑な思いがする。


どんなに時代が変わろうとも、日本人誰しもの根底に流れていた1本の筋のようなもの…それが昨今、薄れてきているような気がして、とにかく恐い。

「何が正義かなんてわからないのだ。」だって?
いや、人の思いやりやいつくしみ…どんな時代にも共通する正義は、必ずあるはずだ。

|

« やっぱり… | トップページ | ただいまーぁ。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/15114665

この記事へのトラックバック一覧です: それでも変わらないものが:

« やっぱり… | トップページ | ただいまーぁ。 »