« 悪意の塊のようなニュース | トップページ | 本当に、本当に、子供は親を選べない。 »

2007/05/26

平穏を…。

 一九九九年四月に光市で起きた母子殺害事件で殺人などの罪に問われ、最高裁で無期懲役の二審判決を破棄、審理を広島高裁に差し戻された犯行時少年の男性被告(26)の差し戻し審初公判が二十四日、広島高裁であった。犯行時十八歳一カ月だった男性被告への死刑の可否をめぐり、検察、弁護側が主張を述べた。
 弁護側は女性暴行目的で襲い、首を絞めて殺害したと認定した最高裁の判断について「自殺した母への人恋しさから抱きついた。乱暴の意思はなく殺意もない」と主張。女性暴行致死罪などではなく傷害致死罪の適用を求めた。
 「家族から暴行を受けるなど精神的に発達する機会を失い、犯行時の精神状態は著しく未成熟で成人と同等に非難することはできない」などとし「贖罪(しょくざい)の気持ちを表し、生きて償おうとしている」として更生の可能性もあると強調、死刑回避を求めた。
 一方、検察側は「少年特有の非行行為とはかけ離れた犯行。精神成熟度を検討する必要もなく極刑以外に選択の余地はない」と従来通り、死刑の適用を求めた。
 弁護側は法医鑑定や精神鑑定などを証拠請求、次回六月二十六日に被告人質問と犯罪心理鑑定をした専門家の証人尋問が実施される。(後略)(07・7・25『中国新聞』

「私、コスプレイヤーなので。コスプレして歩いていたら、急に母親が恋しくなって。」
「偶然にお邪魔した1軒の家に、ちょうど若い母子がいて。」
「そのお母さんに抱き着いたら、突然死んでしまって。」
「泣き止まない赤ちゃんをおままごとしてあやそうと、首にリボンを巻いてあげたら、今度は赤ちゃんも死んでしまって。」
「なんとか母親だけは生き返らせようと、犯したんです。」

「被告は精神異常者だ!」
「だから死刑だけは絶対に回避せねばならない!」
という弁護団の主張か。


己の思想を遂行するだけのために、新たな事実のねつ造をし、他人を傷つける。

この明らかな言い逃れ・悪あがきでは、もはや自分から負けだと言っているようなものだと思う。
とりあえずこの場をブチ壊してあやふやにしてやろう…負けそうだからと将棋盤をひっくり返すじいさんのようで大変醜く、こんな人達が弁護士という職業をやっているという事実に愕然とする。


“被告の罪”と闘う裁判という場で、“死刑廃止論”という全く別のモノとも闘わなければいけない現状…まるでバラモスと戦闘中にゾーマが出てきちゃったような…そんなさらに不可解で不幸な状況にいる遺族を不憫に思う。

(〈トラックバック〉●「光市母子殺害事件 弁護側「死姦は蘇生行為」と主張」→07・5・25『痛いニュース』

|

« 悪意の塊のようなニュース | トップページ | 本当に、本当に、子供は親を選べない。 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/15256861

この記事へのトラックバック一覧です: 平穏を…。:

» 将棋盤 といえば [将棋盤?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007/06/01 08:23

« 悪意の塊のようなニュース | トップページ | 本当に、本当に、子供は親を選べない。 »