« その場で確認、イチニサン。 | トップページ | ♪まったりなぁー »

2007/05/02

サヨナラヨコハマ

横浜赤レンガパーク大さん橋に挟まれた小さな地区。
特徴的な防波堤の形から「象の鼻地区」とよばれるここは、安政6年よりの横浜の港の発祥の地である。

ずっと奥まで続く貨車の線路跡。
並ぶ船や古い倉庫などの建物。
決してキレイとは言えない、
「えっここって…関係者以外でも入って大丈夫なの…?」
と思うような、赤レンガ大さん橋が再開発されてしまった今、唯一ここが歴史ある港町であることを証明するような場所であった。
雑然としていて味があり、横山剣が歌ったりと映像作品のロケにも度々使われる場所でもある。


しかし残念ながら、開港150周年に向けて観光誘致開発を進める横浜市は、ここにも開発の手を加えてしまった。
数年後にはコギレイになり、市お得意の“文化・芸術活動の発信”の合言葉の元、観光客が足を運びやすい公園になるようだ。


我々が今生きているこの瞬間も歴史の一部分であるし、“横浜らしい風景”というものもはっきりとわからないけれども、今あるものに何でも手を加え新しくしようとする市の政策には腹立たしさを感じる。


街は様々な人達の手によってつくられ、その上にまた様々な人達により手が加えられ、たくさんの思惑が交差・集合した、時としてまとまりのないもの…それが年月を経るからこそ、人の息づく街になると私は思う。
だから逆に、どこぞのデザイナーだかアーティストだか1人がデザインした、一言論的な街には魅力を感じない。

その人個人の家やお店ならともかく、“街”という大勢の場所に、本来裏方であるべきデザイナーの強い色は、とても押し付けがましく感じるのだ。

これからできる彼の風景は、“横浜の誰もの風景”に、将来的になれるのだろうか。

(〈トラックバック〉●「なんでしょう、象の鼻地区?! なんか、かわいいけど」→07・3・10『しんぐるす』
●「横浜港開港150周年記念は何になるんでしょう@象の鼻地区@横浜市中区」→07・1・30『DIAL NET@YOKOHAMA』

何でも新しけりゃいいの?

|

« その場で確認、イチニサン。 | トップページ | ♪まったりなぁー »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/15013184

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラヨコハマ:

« その場で確認、イチニサン。 | トップページ | ♪まったりなぁー »