« モテる男子は待てる男子 | トップページ | 互いに有るもの、無いもの。 »

2007/03/12

薄れる存在

 「選挙に強い」といわれる白河だるまが、4年に一度の統一地方選を前に、思わぬ「苦戦」を強いられている。本来は最大の書き入れ時のはずだが、市町村合併による議員定数の削減などが、売れ行き不振の原因とみられる。選挙を取り巻く環境の激変が、200年の伝統を誇る地場産業にも影響を及ぼしている。
 福島県白河市横町で「渡辺だるま店」を経営する渡辺半次郎さん(70)によると、「必勝」の金文字も勇ましく統一選に出陣する白河だるまは毎回、500個ほどを数えた。市町村議選で60センチ大(2万円)、県議選や市町村長選は90センチ大(5万8000円)が相場。同店ではその7割を製造し、全国に送り出してきた。
 4年前の今ごろは、県内外の陣営関係者が作業場に詰め掛け、だるまの塗料が乾くのを待っていた。「前回は店頭売りだけで200個は出たが、今回は小売店に卸す分を含めても100個ほどしか売れていない」と渡辺さん。販売数が大幅に減っている最大の原因は「自治体の合併」という。
 (中略)だるまと決別する陣営もある。共産党白河市委員会は「わが党の候補者は視覚障害者への配慮から片目のだるまを飾らない人が多い」と明かす。郡山市議選に立つ市民グループ系陣営は「験担ぎや神頼みではなく政策本位で戦いたいし、余計な出費も避けたい」と、だるまを使わない予定。
 「前回選挙で使っただるまの目に白い紙を張り、再利用する人もいる」(自民党福島県議)といい、陣営サイドでも逆風が吹く。渡辺さんは「だるまは選挙事務所のチアリーダーだったが…。だるま屋にとって厳しい時代になった」と話している。(07・3・12『河北新報』

先日だるま市に行ったのもあってか、目が止まった。
やはり大口のお客さんとなるとこの業界なのだなぁ。


「しきたりは、無下に否定してしまえばそれまでのものである。」
と、以前本ブログに書いたこと(その時は“メイド喫茶”の記事であったが)があった

“だるま”も日本における、先人から脈々と受け継がれてきた文化の1つだろう。
これを「意味の無いこと。」と切り捨てるのは現代日本では簡単なことだ。

だけれども、寂しいものがある。
もったいないというか、その本意はどうあれ日本で生まれ育ったからには否定してはいけない・守っていかねばならない大切なもののような気がするのだ。
「障害者への差別表現」などと筋違いの弾圧をするのはもちろん論外だ。


毎年初詣に行くとは限らないような私が言うのも何なのだが…“縁”や“神”などの目には見えないものの存在が、近年は急激に薄れているように思う。
それは宗教信心の問題というよりは、もっと広義というか、上記の“しきたり”のように漠然としたもの。
「昔からこう決まっている。」とか、
「こうしなきゃいけないもの。」とか、そういう気持ち。


 26日午前9時ごろ、川崎市高津区の川崎市緑ケ丘霊園の職員から、「墓石に備え付けられている線香のお皿が盗まれた」と神奈川県警高津署に通報があった。霊園内の約200カ所でステンレス製線香皿が無くなっており、同署は高騰するステンレスを狙った窃盗事件として調べている。(後略)(07・2・26『asahi.com』

それにしても、よくできるよなぁ。
「別に神様を信じているわけじゃないけれど…でも、何かイヤ。イケナイ気がする。」
これが今までの精神だろうに。
“バチ当たり”なんて意識も薄れてきているのだ。


みんな効率や損得や目先のものだけを信じ、動くことが、近代化というものなのだろうか。

(〈トラックバック〉●「罰当たりな泥棒」→07・3・5『新橋オヤジの日記』

|

« モテる男子は待てる男子 | トップページ | 互いに有るもの、無いもの。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

かんげさん、お久しぶりです。
世の中なにか変になってきてますよね。何を求めてこうなっていくんでしょうかね。お金ですかね?効率なんですかね?表面的にしか考えられないっていうか、想像力や感性がなくなっているというか・・・
心豊かである、ってことの意味をあらためて考えさせられます。

投稿: 新橋オヤジ | 2007/03/13 00:29

こんばんは。
何なんでしょうね…この何か気持ち悪いカンジ。
過去を振り返ってばかりじゃイケナイのもわかってますが、それでもおかしい昨今。

“心の豊かさ”って言葉、ホントに考えますね。

投稿: かんげ | 2007/03/13 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/14241879

この記事へのトラックバック一覧です: 薄れる存在:

» 川崎大師 厄除け [川崎大師 厄除け]
川崎大師の厄除け [続きを読む]

受信: 2007/03/13 02:56

« モテる男子は待てる男子 | トップページ | 互いに有るもの、無いもの。 »