« 我々の父であり師であり | トップページ | ファイナルファイナルファイナル »

2007/03/25

今や、ザ・ミキティ

「自分のベストが出せれば…。」
「自分の納得のいく演技ができれば…。」

日本全国の思いを一身に背負い出場したトリノオリンピック前後を境に、安藤美姫の挙動はそれまでのものとは全く異なるものになった。
特に発する言葉は上記のような、アスリートとしては極めて消極的な自己完結のものを、なるべく感情を抑え、無表情で淡々とくり返すだけになった。

寄せられる期待とプレッシャー、過熱する報道・バッシング…自信の喪失による迷走・人間不信から来る自己閉鎖、とでも言えてしまうような状態であったように思われ、彼女の魅力は消えかけていた。


 日本勢の活躍に沸いたフィギュアスケートの世界選手権は25日、東京体育館で上位選手によるエキシビションが行われ、金メダルに輝いた安藤美姫(19=トヨタ自動車)が女王の舞を披露した。
 安藤は最後に登場。生年月日が同じで、親交のある人気歌手の絢香さんがリンクサイドで熱唱する歌に乗って演技。フィナーレでは4回転ジャンプにも挑戦した。女子銀メダルの浅田真央(16=中京大中京高)、男子2位の高橋大輔(21=関大)らも競技とはひと味違う雰囲気の中、華麗な滑りを見せた。空前の国内フィギュアスケートブームでリンクサイドの入場券は2万円と高額ながら、会場はファンで埋め尽くされ、大会の余韻を楽しんだ。(07・3・25『nikkansports.com』

おそらく自身が最も欲していたであろうこの“結果”が、彼女に自信と、かつての天真爛漫な笑顔を取り戻してくれたら…ますます女子フィギュアはおもしろくなると思う。

|

« 我々の父であり師であり | トップページ | ファイナルファイナルファイナル »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今や、ザ・ミキティ:

« 我々の父であり師であり | トップページ | ファイナルファイナルファイナル »