« NEO!(その1) | トップページ | 残るやどこも同じだから »

2007/02/18

NEO!(その2)

(つづき)
○〈第6試合〉三田×キムキョン

前日記者会見での妙に冷静な三田がカッコよかった。
試合はもちろん荒れた展開になり、場外乱闘は2階席へ。
ちょうど私の頭の上で乱闘は行われ…「危なーい!」とセコンドに「ドンッ」と押されて吹き飛んだ、私のさっきまでいた場所に、アフロが落ちてきた。
私が今元気なのは、松尾選手のおかげです。

キムラキターキムキョンはさすがデスマッチもこなすレスラー。
見事な受けっぷりが輝いていた。

「木村ァ!効いてないぞ!」
「木村ァ!行け行け!」
私の近くには熱狂的なキムラファン…と思ったら、どうやら木村の実母のようで、この人もまた輝いていた。

○〈セミファイナル〉元気奈苗×日向里村
団体の長達・それぞれを背負う者達が面子をかけて激突するこの試合が、私が今日最も見たかった試合だ。
元気のプロレスへの愛情が実を結んだ試合。

女性でよく「男性のスーツ姿に萌える。」という人が多いが、私も逆に「女性のスーツ姿に萌える。」。
と、いうわけで最近、スーツ姿の高橋奈苗に萌える。

里村の師匠譲りのあのオーラは恐ろしいほど。
あの威風堂々さは何なんだ…!

イチバン素晴らしかったのは、日向
それはまさしく、受けの凄み。
昔はよく「攻めの新日本、受けの全日本」なんて会話をしていたものだけれども、JWPの選手は総じて受け身が上手なのだろうか。
ゾクリとするような逆転劇であった。

○〈メイン〉田村様×文子
先ほどの流れで“受け”の日向と定義するならば、“攻め”は田村様
スープレックスにエルボー、田村様のそれはとかく鋭角的で、ゾクリとする強さを感じさせるチャンプだ。

文子はサラブレッドならではの存在感。

試合全般に流れる「初シングル」らしい緊張感。
メインにふさわしい試合であった。


NEOは今、絶対王者がいて、それを追う強いナンバー2がいて、ベテランがいて、若手がいて、巧いレスラーがいて、アイドルがいて…そして道場も開き、NOAH同様に“プロレスの桃源郷”のようだ。

女子プロレス界全体を見ても、今日のメンバーはもちろん、魅力的なレスラーが非情に多い。
試合のレベルも非情に高い。
だがそれでも、「続く冬の時代」と呼ばれるのはなぜだろう。
すごく悔やまれるし、もったいないと思う。
常連はもちろんのこと、もっと新規を開拓し、業界が盛り上がるには…今の私には残念ながら思いつかないが…とにかく「女子プロレスも、おもしろい!」と、今日私はすごく思ったのであった。

(〈トラックバック〉●「2月18日 NEO 川崎市体育館」→07・2・18『スポーツ歩き』

この世代には思い入れが

|

« NEO!(その1) | トップページ | 残るやどこも同じだから »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/14163030

この記事へのトラックバック一覧です: NEO!(その2):

« NEO!(その1) | トップページ | 残るやどこも同じだから »