« 何が違うのか | トップページ | ダージリンオヤジー »

2007/01/09

「緊張で覚えていない。」そうだけれど。

“ズブの素人が、プロのカメラマンにスタジオで撮られる”
という場面に立ち会った。
読者モデルとかそういった類にも満たない、できればずっと日陰にいさせてほしい…「DSがあれば毎日残業続きでも楽しいから。」…というような、ズブズブの素人である。

高い高い天井のスタジオ。
自分だけに向けられる照明、レンズ…モデルさんは緊張気味。

カメラマンの小気味いいテンポのかけ声に合わせて、なんとか表情を変えようとするが、動くのは鼻の穴だけだったり、口角だけだったり。


“撮られる”ということは、実はとても難しいことなのだと、「海老ちゃん」や「燃えちゃん」…一流モデルと呼ばれる人達は、ただかわいいだけとは違うのだろうなと、改めて思ったのであった。

でも“撮られる”のって、やっぱり気持いいんだろうなぁ!

『モテナイ男子写真集(団塊Jr.世代編)』
とか出すのだったら、きっと私も出られるのに。

|

« 何が違うのか | トップページ | ダージリンオヤジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「緊張で覚えていない。」そうだけれど。:

« 何が違うのか | トップページ | ダージリンオヤジー »