« あけましておめでとうございます | トップページ | ひとまずサヨナラ、ハマボール! »

2007/01/02

初詣で全否定

典型的日本人・無宗教者である私にとって“初詣”は、家族や友人と出かけるイベントの1つであり、1人では決して行おうとは思わないものなのだ。

だがしかし、今年も律儀に、共に神様の元へ私を導いてくれる友人がいてくれた。


見下ろされてる感、満載せっかくのお正月。
朝早く起きて、桜木町は伊勢山様のところへ。

小高い丘にあるそこには、たくさんの人がお参りに来ていた。
正月ならではの高い空…しかしその向こうには、神様の元にいる我々を見下ろすかのように、みなとみらいの巨大ビル郡が立ち並ぶ。

「昔はこの丘が何よりも高くてなぁ…みんな簡単に見守ってやれたんだけれども…。」

という神様のぼやきが聞こえてくるかのようだった。


五里霧中神様がそんな気分だったからかどうかは定かではないが、ひいたおみくじは“末吉”。
…なのに書いてあるお言葉は、「今は靄の中…」「何をやってもうまくいかず…」「努力報われず…」「期待するな…」「今は待て…」
と現状の私を強烈に全否定。

しかも同時におみくじを引いた男子5人中、4人が同じ“全否定”を食らい(1人は「小吉」だった)…何となく暗雲立ちこめる2007年のはじまりであった。
出鼻くじかれた感、満載。


早起きしたのは、お参りだけのためじゃなく。

横浜の国道沿いにずらっと並ぶ群集に揉まれながら、国民的スポーツの祭典“箱根駅伝”を見て、走ることの厳しさ・素晴らしさのカケラをもらったのであった。


その帰り道…駅伝の選手達はとうに通り過ぎたというのに、そこかしこに群集が。
その列は、ルミネマルイそごうランドマークプラザクイーンズスクエアへ…“初売り”だ!

偶然にも生まれて初めて、“初売りの光景”というものを目の当たりにしたのだけれども、10時の開店と共にどっと店内へなだれ込む人々は、みな駅伝の選手並みに気合いの入った目をしていた。
大手町読売新聞本社前の熱気、再び!

それにしても、女性はみんな福袋を、テープの止まっていないわずかな隙間から“のぞき見”するものなのだなぁ。

赤白旗貰った!振った!

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ひとまずサヨナラ、ハマボール! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/13548277

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣で全否定:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ひとまずサヨナラ、ハマボール! »